体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleフォトでの連写ショットの管理

何かのイベントで写真を撮影する時には目を瞑ったミスショットを防止するために、よく連写撮影を行います。最近のスマートフォンでは大半の機種にこの機能が搭載されており、シャッターボタンを長押しするなどで簡単に連写ショットを撮影できます。少し前まで、連写ショットの全ての写真はその機種のギャラリーアプリでしか管理できませんでしたが、「Google フォト」なら各社の連写ショットを自動的に一つにまとめ、さらにベストショットを選択することも可能です。例えば、Xperia XZ1 の「先読み撮影」は撮影時に被写体が動くとそれを認識してシャッターボタンを押す瞬間とその前に撮影した合計 4 枚を連写ショットとして記録します。これらの写真は Xperia XZ1 のアルバムアプリでベストショットを選択できますが、Google フォトでも同様の操作が可能です。Google フォトで連写した写真は単体ではなくグループとして記録され、ギャラリービューでは特別な連写アイコンを表示して見分けやすくしています。そのアイコンの付いた写真をタップすると、最後に撮影した写真がメインとして表示され、その下の小さなサムネイルをスライドすると別のショットに切り替わります。さらに Google フォトでは、メイン以外のショットをメインに切り替える操作や、メイン以外を一括削除する操作、全てのショットを使って GIF アニメーションを作ることもできます。機能はかなり充実しています。

■関連記事
丸いコーナーのディスプレイはスマートフォンのベゼルをスリムに見せる効果があるかも
米国のGoogleストアでPixel 2本体の割引セールが開始、$599から
Google Playストアで映画のホリデーシーズンセールがスタート、スターウォーズ作品も対象に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。