体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノスタルジックな雰囲気に包まれたライプツィヒの美しきクリスマスマーケット【ドイツ現地ルポ】

【ドイツ】ノスタルジックな雰囲気に包まれた、ライプツィヒの美しきクリスマスマーケット
国全体が冬の魔法にかかるクリスマスマーケットの本場、ドイツ。アドベント(待降節:クリスマス前の約4週間)の時期には、各地で2500以上のクリスマスマーケットが開催されるとあって、日本で有名なもの以外にも、こっそりと教えたくなるような美しいクリスマスマーケットが多数存在します。

そのひとつが東ドイツの学芸都市、ライプツィヒのクリスマスマーケット。ノスタルジックであたたかな空気に心癒される、ライプツィヒのクリスマスの魅力を現地からお届けします。

町全体がクリスマスムードに染まるライプツィヒ

【ドイツ】ノスタルジックな雰囲気に包まれた、ライプツィヒの美しきクリスマスマーケット
東ドイツの学芸都市、ライプツィヒは中世の時代から商業や金融で発展してきた町。ゲーテゆかりの地を結ぶゲーテ街道沿いの町として知られているだけでなく、バッハやシューマン、ワーグナーといったそうそうたる音楽家が活躍した音楽の都でもあります。

【ドイツ】ノスタルジックな雰囲気に包まれた、ライプツィヒの美しきクリスマスマーケット
そんな文化の薫り高い町も、アドベントの時期にはロマンティックなクリスマスムードに染まります。マルクト、ナッシュマルクト、アウグストゥス広場、ニコライ教会前をはじめ、市内6つの広場でクリスマスマーケットが開催され、広場と広場を結ぶ通りにも美しく飾られた屋台の数々が。

【ドイツ】ノスタルジックな雰囲気に包まれた、ライプツィヒの美しきクリスマスマーケット
キャンドル、ガラス製品、クリスマスオーナメント、石鹸、ランプといった雑貨の屋台、東ドイツらしいバウムクーヘンの屋台など、色とりどりのお店を見ているだけでワクワクします。

華やかなメイン会場

【ドイツ】ノスタルジックな雰囲気に包まれた、ライプツィヒの美しきクリスマスマーケット
ライプツィヒのクリスマスマーケットの魅力は、会場によって異なる趣向を凝らしたマーケットが楽しめること。なかでも、最もにぎやかな雰囲気に包まれるのが、メイン会場であるマルクトです。

【ドイツ】ノスタルジックな雰囲気に包まれた、ライプツィヒの美しきクリスマスマーケット
両側にクリスマス飾りや手袋、クリスマス菓子、ソーセージなどを売る屋台が並ぶ通路は、まさに色と光の道。

【ドイツ】ノスタルジックな雰囲気に包まれた、ライプツィヒの美しきクリスマスマーケット
会場の中心には、毎年個人が所有する木のなかから選ばれるというきらびやかなクリスマスツリーがお目見えします。2~3日かけて手作業で飾りつけが行われるというクリスマスツリーは、うっとりしてしまうほどの美しさ。

中世風のクリスマスマーケット

【ドイツ】ノスタルジックな雰囲気に包まれた、ライプツィヒの美しきクリスマスマーケット
道路を挟んでマルクトと向かい合うナッシュマルクトでは、中世風のクリスマスマーケットが開催されています。マルクトと目と鼻の先でありながら、屋台も売り手の衣装もすべてが中世風で、タイムスリップしたかのような雰囲気。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。