体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自撮りおばあちゃん」西本喜美子の写真展『遊ぼかね』開催

1712171
西本喜美子作品 ©KIMIKO NISHIMOTO

西本喜美子の個展『遊ぼかね』が、東京・新宿のエプソンイメージングギャラリー エプサイトで開催される。会期は、2017年12月15日(金)~2018年1月18日(木)。

1928年に生まれ、熊本に在住するアマチュア写真家の西本喜美子。72歳の時にアートディレクターである長男・西本和民(遊美塾)が主宰する写真講座をきっかけに写真を始め、2011年には熊本・熊本県立美術館分館で初個展を開催した。
画像処理ソフトを使ったデジタルアート作品や、自撮り写真が話題となり、89歳の現在も作品を制作中。
本展では、未発表の作品を含む西本喜美子のデジタルアート作品を紹介する。12月16日には西本喜美子と西本和民のトークイベントも行なわれる予定。

西本喜美子
『遊ぼかね』
2017年12月15日(金)~2018年1月18日(木)

会場:東京都 新宿 エプソンイメージングギャラリー エプサイト

時間:10:30~18:30(1月18日は14:00まで)

休館日:日曜、12月28日~1月4日

料金:無料

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。