体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤原ヒロシ、北京の芸術地区で猫30匹と…

藤原ヒロシ、北京の芸術地区で猫30匹と…
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」のワンコーナー「JUN THE CULTURE」(ナビゲーター:藤原ヒロシ)。12月16日(土)のオンエアでは、先日、藤原が訪れた北京の話をしました。

「上海、北京、ミラノ、ドバイに行って、ちょうど帰ってきたところなんですけど…」と話を始めた藤原。その中から今回は、訪れるのが2度目だったという北京の話題をしてくれました。

「観光でも会社でもない、案内してくれる誰かがいるとすごく違うな、というのを実感しました。情報を得られないところに行けるので」と、藤原。そこから、北京で友人に連れて行ってもらったという芸術エリアの話をしました。すでに観光地化している有名な798芸術区ではなく、今回は草場地芸術区というエリアを訪れたそうで、有名な現代芸術家・艾未未(アイ・ウェイウェイ)さんのスタジオや、彼がデザインしたアートコンプレックスなどがある場所で、雰囲気が良かったとのこと。とはいえ、彼のギャラリーの前には、秘密警察がいて、さらに監視カメラで見張られているという、物々しい雰囲気だったと、振り返りました。

アイ・ウェイウェイさんのアシスタントに知り合いがいるという藤原は、デザインスタジオ内を案内してもらったそうで、アイ・ウェイウェイさん本人はベルリンに滞在していて不在なものの、時代物の土偶やアバンギャルドな作品がミックスされており、楽しい空間だったとのこと。

また、野良猫なのか、スタジオで飼われているのか不明な30匹くらいの猫が「人懐っこくて…呼ぶと、犬のように寄ってきて可愛かった」と、北京での思い出を語りました。

その他にもレンガ作りの小さなギャラリーや展覧会などを楽しんだ藤原。新しい芸術が楽しめる草場地芸術区をオススメしていました。

藤原デザインのオリジナルトートバッグのプレゼントは、12月23日まで受付中。「JUN THE CULTURE」サイトの専用フォームからご応募ください♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JUN THE CULTURE」
放送日時:毎週土曜 14時10分−14時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/culture/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。