体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悲報 Project Tango 終了のお知らせ、ARCoreが後を引き継ぐ

Google は 12 月 15 日、モバイルデバイスにおける拡張現実(AR)の性能向上と利用促進を図るために 2014 年に立ち上げた「Project Tango」を終了させ、このプロジェクトで培ってきた経験や成果を今年立ち上げた「ARCore」に引き継ぐことを正式に発表しました。Project Tango では AR アプリの動作で専用のハードウェアが必要になる一方で、ARCore では一般的なカメラのみで AR アプリを動かすことができます。この専用ハードウェアの必要性が OEM メーカーによる採用のネックになったようで、Tango に対応したスマートフォンが商品化されたのはわずか Lenovo Phab2 Pro と ZenFone AR の 2 機種に留まりました。Google はこのことを ARCore Developer Preview 2 のリリースと一緒に発表しています。Tango 対応デバイスの今後は不透明ですが、おそらく Tango 対応アプリはもう増えないと見られます。また、ARCore は今後数ヶ月の間に v1.0 へと昇格し、正式にリリースされる予定です。Google によると、正式版のリリースによって 1 億台以上の Android デバイスで ARCore を利用できるとしているので、対応デバイスはかなり多いと見られます。Source : Google

■関連記事
Instagram、冬にぴったりなフェイスフィルターやステッカーををリリース
Focus Go : 高速でサクサク、アプリ容量もたった4MBのギャラリーアプリ
手描き入力をサポートしたGboard 6.8が正式にリリース、URL欄への候補表示や高速削除にも対応

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。