体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高速道路はパトカーの自損事故が意外に多かった

高速道路はパトカーの自損事故が意外に多かった

高速道路や有料道路で取り締まりを行う高速道路交通警察隊(高速隊)です。高速隊では、交通取り締まり用パトカーによる高速道路での自損事故が意外に多いといいます。そこで、高速隊のOBに高速道路でのスピード違反の取り締まり方法とパトカーの自損事故の実態について話を聞きました。

覆面パトカーはすぐ車線変更しない

高速道路でスピード違反の車が来るのを息を殺して待っているのが、一般車を装った覆面パトカー。「覆面パトカーは第1通行帯を大型トラックの前で身を潜めて走っています」と話します。

「前を見ながらも、追い上げてくる違反車がいないか後方警戒。第2通行帯を走っているクルマも携帯電話を使っていないかとか、チェックしているのでムダ口は少ないですね」というのが覆面パトカーの車内の様子です。

違反車が追い越し車線を飛ばしていっても、覆面パトカーはすぐに車線変更はしません。第1通行帯を走りながら違反車との距離を詰めていきます。これは違反車は真後ろから追い上げてくる自分より速いクルマには敏感だからです。

覆面パトカーは赤灯下げれば一般車

覆面パトカーは「違反車を追尾距離に捕らえたら追い越し車線に入り、真後ろに付いて速度を合わせて測定開始です。違反車は130km/hや140km/hを出しているので、200mの追尾も毎秒35m以上進みますから、6~7秒もあれば測定は完了」するのです。

そして、交通パトカーの自損事故は、我々が思っている以上に多いといいます。「こっちは80km/hで走っていたわけですから、140km/hで走っている違反車に追いつくためには、相手以上のスピードを出さないと追いつけない」からです。

「そうなると事故ることもありますよ。覆面パトカーなら赤灯を下げれば一般車ですが、白黒パトカーが事故っていると目立ってしょうがない。レッカー車が来てカバーをかけるまではさらし者です」と話してくれました。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。