体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄でバカになりたい。そんな日の「焼肉」狂想曲

沖縄でバカになりたい。そんな日の「焼肉」狂想曲

なにもかも忘れて、バカ騒ぎしたい夜もある。

シークヮーサービールを飲んで、泡盛を飲んで、ハブ酒も飲んで、肉をガツガツ喰らう。昼間の海で遊びまくったぶん、チャージしないといけません。

別に何かイヤなことがあったわけではなく、むしろ心地いい。ただただバカになりたいんです。

高級焼肉? 有名店? いえいえ、そういう気分じゃありません。

いざ、
「焼肉バカ一代」へ

沖縄でバカになりたい。そんな日の「焼肉」狂想曲

こちとら、バカになりたい気分なんです。であれば、期待にこたえてくれそうな店に向かうしかありません。

「焼肉バカ一代」

もう、そのまんまです。
国際通りから少し入ったところにあります。沖縄でバカになりたい。そんな日の「焼肉」狂想曲

お通しから早速バカっぽくて、いい。こういうのです!

その名も「キャベレスト」。自家製のドレッシングがおいしいので、思わずバクバク食べちゃいます。沖縄でバカになりたい。そんな日の「焼肉」狂想曲

キムチやナムルもいただきつつ、オリオンビールをぐびぐび。

ここでひとつ、前もって謝っておきます。

バカになりたいというのを言い訳に、ちょっとくらい味がビミョーでもいいや、と思っていたんですが、最初に出てきた「シャブタン」と「満月ミスジ」が予想を軽く超えたので、なんだか今日はいい夜になりそうです。沖縄でバカになりたい。そんな日の「焼肉」狂想曲沖縄でバカになりたい。そんな日の「焼肉」狂想曲

「バカになる」とは
ハミ出すことである

沖縄でバカになりたい。そんな日の「焼肉」狂想曲 期待通りのものが出てきました。焼肉台にのり切らないサイズの「巻ものカルビ」。1日限定5食だそうです。サンチュで包んで食べてもよし。沖縄でバカになりたい。そんな日の「焼肉」狂想曲
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。