体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地ルポ】ドイツ最大級かつ最古級、フランクフルトのクリスマスマーケット

各地で2500以上のクリスマスマーケットが開催されるという、クリスマスマーケット天国・ドイツ。そのなかでも有数の規模と歴史を誇るのが、フランクフルトのクリスマスマーケットです。

ドイツを代表する空の玄関口であり、ドイツのクリスマスマーケットめぐりの起点としてもぴったりの、フランクフルトのクリスマスマーケットの魅力をお届けします。

ドイツ屈指の規模と歴史を誇るフランクフルトのクリスマスマーケット

ドイツ屈指の規模と歴史を誇る、フランクフルトのエネルギッシュなクリスマスマーケット
フランクフルトのクリスマスマーケットは、ドイツでも屈指の規模と歴史をもつことで有名。町の中心、ハウプトヴァッヘからレーマー広場やマイン河畔にいたるまで、市内には200もの屋台が並び活気で満ちあふれます。

ドイツ屈指の規模と歴史を誇る、フランクフルトのエネルギッシュなクリスマスマーケット
一般的には、ドレスデンのシュトリーツェル・マルクトがドイツ最古のクリスマスマーケットといわれていますが、フランクフルトのクリスマスマーケットを1393年にはじまったドイツ最古のクリスマスマーケットとする説も。

いずれにせよ、フランクフルトのクリスマスマーケットがドイツ最大級かつ最古級のクリスマスマーケットであることには間違いありません。

おとぎの世界に変身したレーマー広場

ドイツ屈指の規模と歴史を誇る、フランクフルトのエネルギッシュなクリスマスマーケット
ドイツでは珍しく高層ビルが建ち並ぶ近代都市、フランクフルト。そのなかで中世の面影を残す場所が、クリスマスマーケットのメイン会場でもあるレーマー広場です。

切妻屋根が美しい隣り合わせの3つの建物が、「レーマー広場の顔」ともいえる旧市庁舎。なかでも中央の建物は「レーマー」と呼ばれ、広場の名前の由来にもなりました。

ドイツ屈指の規模と歴史を誇る、フランクフルトのエネルギッシュなクリスマスマーケット
フランクフルト随一の観光スポットとしてにぎわうレーマー広場は、クリスマスが近づくとひときわメルヘンチックな姿を見せてくれます。色とりどりの屋台やメリーゴーランドと、可愛らしい木組みの建物の数々が織り成す風景はおとぎの世界さながら。

巨大なクリスマスツリー

ドイツ屈指の規模と歴史を誇る、フランクフルトのエネルギッシュなクリスマスマーケット
レーマー広場で開催されるクリスマスマーケットを象徴するのが、巨大なクリスマスツリー。毎年国内外の都市から寄付を受けており、2017年のツリーはドイツ中西部Schmallenbergの山からやってきました。

ドイツ屈指の規模と歴史を誇る、フランクフルトのエネルギッシュなクリスマスマーケット
高さ33メートルのこのツリーはなんと6010個もの電球で飾られているそう。レーマーとライトアップされたクリスマスツリーとのコラボレーションは格別です。

国際金融都市らしい多彩な屋台

ドイツ屈指の規模と歴史を誇る、フランクフルトのエネルギッシュなクリスマスマーケット
フランクフルトのクリスマスマーケットは、ドレスデンやニュルンベルクのクリスマスマーケットと比べると伝統色や地域色は強くありませんが、国際金融都市だけあって多国籍な顔ぶれの屋台が並ぶのが魅力。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy