体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ドラゴンボール』劇場版・記念すべき20作目の制作決定。オラもうワクワクすっぞ!

『ドラゴンボール』劇場版・記念すべき20作目の制作決定。オラもうワクワクすっぞ!

 2017年12月16日、幕張メッセで開催された「ジャンプフェスタ2018」で、『ドラゴンボール』の劇場版、記念すべき20作目となる新作の制作が発表されました。おおお……オラもうワクワクすっぞ!

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 1986年の『東映まんがまつり』で上映された『ドラゴンボール 神龍の伝説』から始まった『ドラゴンボール』劇場版の歴史。その後クウラ、ブロリー、ボージャック、ジャネンバなど、今でも愛される数々のキャラクターも生まれ、17年ぶりの公開となった2013年の『ドラゴンボールZ 神と神』以降、2015年公開の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』と作品世界は拡大を続け、現在テレビ放映中の『ドラゴンボール超』に至っています。

 そしてついに、20作目となる新作劇場版の発表。前作に引き続き、原作者の鳥山明さんが原作・脚本・キャラクターデザインを担当します。すでにこれまでにないほどのイメージイラストが上がってきており、鳥山さんがこの作品にかける意気込みが伝わります。

 気になるテーマは「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」。『神と神』以降、超サイヤ人ゴッド、ブルーと新たなる進化を遂げてきた悟空たちサイヤ人。そしてそれに負けじと高い戦闘力を持つ様々な宇宙の強戦士が登場してきた中で、改めて「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」とはなんなのか、悟空たちの「強さ」の原点を描いた作品となる予定だといいます。

 注目の公開時期は2018年12月。すでにオフィシャルサイトも公開され、期待は高まるばかり。1年後が待ち遠しいですね。

(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション (C)東映・集英社・東映アニメーション 
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2013 ドラゴンボールZ」製作委員会 (C)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

益城町ふるさと納税返礼品に尾田栄一郎描き下ろし『ONE PIECE』お宝アイテム
TVアニメ『ゴールデンカムイ』MX他にて2018年4月放送決定、ネットはフジのFOD独占配信
石ダテコー太郎新作アニメ『ひもてはうす』、制作状況発表イベント ニコ生配信決定

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。