体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「民放が2局しかない」「よくはぶかれる“一部地域”」 宮崎の田舎JKが作詞した『田舎女子高生』が面白い

「民放が2局しかない」「よくはぶかれる“一部地域”」 宮崎の田舎JKが作詞した『田舎女子高生』が面白い

 霧島山のふもとにある宮崎県小林市の高校生が、地元出身のアーティストNOBUさんと一緒に小林市のPRソングを作ろうというワークショップ型プロジェクト『日々のうたごえプロジェクト』。このプロジェクトから生まれた楽曲『田舎女子高生』のMVが完成し、小林市の公式YouTubeチャンネルで公開されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この『日々のうたごえプロジェクト』は、宮崎県立小林秀峰高校の商業科・経営情報科の3年生24人を対象に、2017年6月から約5ヶ月にわたって行われたワークショップ。講師は地元小林市出身のアーティスト、NOBUさんです。

 24人は4人ずつの6チームに分かれて「高校生のあなたが想う小林市を歌にする」というテーマで、小林市のPRソングの作詞に取り組みました。まずは歌詞がどんな要素でできているのか、なぜこのような言い回しを使っているのか、などといった歌詞の仕組みを考察。そしてキーワードを探して、実際に歌詞を作ってみる……というステップを踏みながら、NOBUさんから歌詞作りのノウハウを学んでいきます。

 そして出来上がった6つの歌詞にNOBUさんが曲をつけ、デモ楽曲が完成。これを全校生徒に投票で決めてもらうため、NOBUさんによるシークレットライブ「コバ歌バトル」が11月25日に開催されました。

 投票の結果、優勝したのは220票を集めた『田舎女子高生』。女生徒4人による作品で、見事にMV化を勝ち取りました。

 歌詞には彼女たちならではのリアルな思いが綴られています。フジテレビの人気ドラマが地元のテレビ宮崎(UMK)では深夜ドラマになってしまう「月9が火曜の深夜1時」、「民放が2局しかない」(宮崎では別の民放にチャンネルを変える際「反対にして」といえば通じる)、「良く省かれる地元“一部地域”」などといったテレビの悲哀から楽曲ははじまります。次に「自動改札でピッってしたい」「今日も無人駅 駅員はいない」、さらには「終電逃したらどうしようと言ってみたい」(小林市を通るJR吉都線は非電化路線で、電車ではなくディーゼルカーが走り、鉄道で通学することを「汽車通」という)という願望も切実。他にも「プリクラが古すぎて今日も盛れない」なんて女子高校生らしい悩みも……。

 このワークショップを通じて、NOBUさんは次のようなコメントを寄せています。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。