体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野外フェス・夏フェスに必要な持ち物まとめ

野外フェス・夏フェスに必要な持ち物まとめ

野外フェスティバルに参加することは、思っただけでワクワクドキドキです。世界中で開催される野外フェス、地域や季節によって手荷物は変化します。地域や季節を問わず忘れてはならない手荷物もあります。

野外フェスを存分に楽しめるよう事前準備を考えてみます。これだけは欠かせない手荷物をご紹介します。

*編集部追記
2016年1月の記事に新たに情報を追記しました。(2017/12/16)

 

実際に持って行って良かったもの

私が実際に持って行って良かったと思うものは、防虫スプレーです。基本的にフェスは、山の中や高原など自然豊かな場所で行われることが多く、気持ちの良い反面、虫に刺されて困った…なんて事態もよく起こります。

そんな時、防虫スプレーがあれば、蚊やハチなどの虫からガッチリ肌を守ることができるので、フェスを安心して楽しめます。重量も軽いので持ち運びも負担にならずおすすめです。

 

持って行かなかったけど必要だったもの

フェスに参加すると、水場までの距離が遠かったり、混み合っていたりすることがよくあります。そんな時、ウェットティッシュがあれば非常に便利です!

私は用意するのを忘れていましたが、食事前に軽く手を拭いたり、服の汚れをきれいにしたりと、意外と活躍する機会が多いものです。フェスに必要な持ち物を把握して、しっかり準備し、思いっきり楽しみましょう!
フェスに関するおすすめの記事はこちらです
キャンプ・フェスにおすすめのワンタッチタープ10選
フェスや旅で使えるグラビスのスニーカー10選
【2017年版】代々木公園で行われる海外フェス&イベント18選

 

背負いタイプのリュックサックは基本中の基本です

背負いタイプのリュックサックは基本中の基本です

photo by shutterstock

雨具や着替えなどは野外フェスに必ず持参します。収納は手持ちバッグでなく背負いバッグが便利です。防水タイプの軽めな素材のリュックサックがお薦めです。

 

パスポートや現金など貴重品はウエストポーチで安心です

フェスのチケット、パスポート、現金などの貴重品はウエストポーチに入れて常に身に着けます。素材もなるべく丈夫なポーチを選択します。

 

雨具一式をリュックに入れておきます

雨具一式をリュックに入れておきます

photo by shutterstock

野外フェスは天候の変化が心配です。ポンチョやブーツなど雨具一式準備があれば安心です。

 

ミネラルウォーターなどの飲み物を複数本用意します

ミネラルウォーターなどの飲み物を複数本用意します

photo by shutterstock

海外の野外フェス会場はフードコートやドリンクコーナーが少ないことが多いようです。ドリンクや軽食を事前に準備しておくと重宝します。

関連記事リンク(外部サイト)

2017年東北で行われるイベント・音楽フェスまとめ
祭好き必見!120カ国以上旅した僕がおすすめするNo. 1お祭りはコレ
世界最大の音楽フェス「Miami Winter Music Conference」とは
2013年トゥモローランドフェス(tomorrow land festival)まとめ

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。