体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電圧計測からデータの保存までできる!ポケットサイズの多機能計測ツール「pokit」が便利そう

デジタルテスター、オシロスコープ、データロガーとして機能する、ポケットサイズの多機能計測機「pokit」が、Kickstarterに登場。目標額の6倍以上を達成し、話題を集めている。

・3つの機能を1台に集約

「pokit」は、電圧計測を一手に担う機器。デジタルテスターとして電圧を測ったかと思えば、オシロスコープになって電気信号の変化を表示。収集したデータを保存するデータロガーの役割も果たす。従来は別々の機器で測定していたものを、1台でまかなえるというのが、本品最大のウリだ。

本体は、Bluetoothを介して、スマホやタブレットと連動する。オシロスコープとして利用するときは、スマートフォンの画面をタップ。簡単に波形がキャプチャーできる。

デジタルテスターなら、さらに便利。電圧や電流、抵抗値の測定はもちろん、温度計測にも対応する。計測したデータは、データロガー機能で保存。スマホ接続不要で、最大1年まで保存がきく上、友人との情報シェアも可能だ。驚くべきは、その大きさ。高さは5センチ弱、厚さも2センチ以下と超コンパクト。ポケットにすっぽりおさまるサイズは、この手の計測器としては、今のところ世界最小だ。

・意外に使える!?

普段縁がなさそうに見えるが、意外に日常生活でも活用がきく。デバイスのバッテリー残量を確認したり、電子楽器の電圧測定に用いるなど、さまざまなシーンで活躍するだろう。

プレオーダー価格は、77オーストラリアドル(約6600円)から。12月30日まで受け付けている。

pokit/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。