体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2DアクションRPG『CrossCode』が日本語対応、完成版は2018年リリース予定 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は海外インディーゲームの日本語対応に関するものなど10本です。

2DアクションRPG『CrossCode』バージョン0.9.8公開、日本語版が追加
cross-code-1cross-code-2cross-code-3

Radical Fish Gamesは15日、Steamにてアーリーアクセス版を配信中の2DアクションRPG『CrossCode』のバージョン0.9.8を公開した。

遠い未来の仮想世界が舞台のSF作品。スーパーファミコン風のグラフィックやハイスピードなアクション、パズル要素のあるダンジョンなどが特徴となっている。2015年にデモ版が公開され(関連記事)、以降完成版に向けてアップデートが続けられており、本バージョンではすべてのコンバットアーツ(戦闘スキル)の実装が完了し、UIの改善などが施された。また、本バージョンより日本語版が追加されている。ローカライズ担当はDANGEN Entertainment。

本作は引き続きアーリーアクセス版で、完成版のリリースは2018年に予定されている。次のバージョンは0.9.9で、2018年1~2月にリリース予定。

ステージクリア型アドベンチャーRPG『ひびかけ色のキセキ』リメイク版のSteam配信が開始
hibikake-1hibikake-2

ecoddrのファンタジーRPG『ひびかけ色のキセキ』のSteam配信が15日に開始された。フリーゲームとして公開されている作品で、Steamでも無料で配信されている。プレイ時間の目安は5~10時間。

ノンフィールド型のステージと、アドベンチャーパートでゲームが進行していく作品。リアルタイムに敵の攻撃をガードする要素のあるタイムライン型の戦闘や、ポイントを割り振ってスキルを自由に強化する要素などが特徴となっている。2016年にWindows向けに公開されたのち、今年5月にはスマートフォン向けのリメイク版がリリースされており(関連記事)、今回のSteam版はこのスマートフォン版のPC逆移植となる。

RPG『天使心母』公開
lamiel-1lamiel-2lamiel-3

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。