体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Vivoがディスプレイ内蔵型指紋リーダーを採用

今週、Synaptics はスマートフォンのディスプレイに内蔵できる指紋リーダー「Clear ID FS9500」 ファミリーを発表しましたが、発表リリース文の中では明記されていなかった納入先の一つに Vivo の名前が含まれていると Forbes が伝えました。Vivo は、歩歩高(BBK)が中国を中心に展開しているスマートフォンブランドで、中国市場では出荷シェア 3 位、グローバル市場でも出荷シェアは 4 位の大手メーカーです(2017 年 Q3 の実績に基づく)。また、最近では 2018 年にロシアで開催されるワードカップの公式スマートフォンを供給するメーカーにも選定されるなど、今最も勢いのあるメーカーの一つになります。トップ 5 メーカーということだったので、Samsung や Apple、Huawei,Vivo、Xiaomi への納入が予想されていましたが、やはり Vivo への納入は決まっていたようです。Vivo がこれを採用するとなると、他の中国メーカーも続々と同タイプの指紋リーダーを取り入れようとするでしょう。そうなると高い需要が見込まれるので、中国のパーツサプライヤーも次々に同タイプの指紋リーダーを出してくると予想されます。Source : Forbes

■関連記事
専門知識や撮影機材は不要 指先だけで360動画を作れる「Vizo360」のAndroid版がリリース
BlackBerry PRIVの発売から丸2年、ついにサポート期間が終了に
エジプト企業によって開発・製造された初のスマートフォン「Nile X」が現地で発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy