体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

back number清水依与吏が、今まで逃げてきたテーマ

back number清水依与吏が、今まで逃げてきたテーマ
J-WAVEで放送中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「THE HIDDEN STORY」。12月15日(金)のオンエアでは、新曲「瞬き」をリリースするバンドback numberのボーカル&ギターを務める、清水依与吏さんにお話を伺いました。

昨年12月にリリースしたベストアルバム「アンコール」はセールスが70万枚を越える大ヒット。今年2月から行ったアリーナツアーは、30万人を動員するなど大人気のback number。これまでは、ちょっとうまくいかない恋、気が弱い男、もどかしさ、切なさ…そんなテーマの曲が多い印象でしたが、今回の新曲「瞬き」は、少し違います。

映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の主題歌でもある「瞬き」。この曲は歌い出しがいきなり「幸せとは」です。

「これは、完全にメロディに呼ばれたものだと思います。次にくるサビへの導入みないなところなので、あまり意識せずに歌詞をつけていこうとは思ったんですけど…でてきてしまって。最初、『いやいやいや…』と思ったんですけど(笑)。何を言ってんだよ、みたいな。

でも、実話を元にした映画ですし、恋愛の話でもあれば、闘病の話でもあるけれども、なんか、生き様を見せつけられたような気がするんですよね、この話から。純粋にback numberとしての生き様を歌おうと。生き様を語る上で、表現を濁しちゃいかんなと思って、今まで、『好き』とかそういうことを言うときに、『かもしれない』とか『〜だと思っていたけど』みたいなのを使ってきたけど、なるべくそうしないようにというのは意識したと思います」(清水さん、以下同)

清水さんは、映画の台本を読んだとき以下のように思ったそうです。

「back numberとしても清水依与吏としても、今までの得意分野ではないのは分かっているからこそ、どっかで宿題として絶対やらなきゃいけないし、やりたいし、だけどうまくできるかな? と逃げてきた、避けてきたテーマが今まさに目の前に求められているって思ったので」

そして「今ならできると信じてお受けしました」と続けました。以前は、雑誌のインタビューで「恋をしているときは、曲をつくらない。恋が終わるころに曲ができる」とも発言してた清水さん。そこへ込めた想いも語ってくれました。

「人生に夢中になっているときは、何も作らなくても別に生きていけるんだと思うんですよね。でも、何か足りなかったり、『このままじゃおさまりつかないよ』という時にたぶん、歌わなきゃやってられなくなるんだろうと思うんです(笑)。

僕は特にそうなんですけど、必要なことしかできないと思っていて…だから歌う必要がなければ、歌なんか別になくてもいいかなと思って。でも、自分にとっても、メンバーも、バンドやらなきゃ生きていけないとは思うんですよね。それを思い知るのが、やっぱり恋の終わりだったりする。何か足りないと明確に思うときに、歌をつくることでそれを埋めるというか」

ちなみに、冬にリリースが多いのはあくまでご縁があったからなのだとか…。清水さんいわく「オリジナル・アルバムを早く作りたい。また冬になると…それで”冬の奴ら”みたいになってもね。夏とかにもちゃんとやれればいいんですけど(笑)」とのこと。いち早い新作の発表を期待したいですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。