体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『dancyu』編集長が今年出会った「究極の一皿」は?

『dancyu』編集長が今年出会った「究極の一皿」は?
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。12月12日(火)のオンエアでは、雑誌『dancyu』編集長の植野広生さんをお招きし、「2017年の食」についてお話を伺いました。

まずはご自身の今年を振り返って「今年の漢字は?」という質問に「忙」と答えた植野さん。「今年55歳になったんですけど、誕生日は会社で徹夜していましたからね。悲しい誕生日でしたね」とのエピソードを明かしてくれました(笑)。

それでは、今年の食トレンドはどうだったのでしょうか? 植野さんは「ここ10〜20年のタームで言うと、トレンドが無いのが食のトレンドでした。作られたトレンドではなく自由に好きなものを食べる。それが今年で言うと、日本のものがフィーチャーされていて、ワインとかチーズとかジビエとか…というのも生産者たちが素晴らしいものを作り始めて。生産者が頑張り、それを認める加工業者がいて、飲食の人がいて、食べ手がいる、というのが整ってきた気がします」と振り返りました。

そんな植野さんに「今年初めて出会った食材・料理」をお聞きしました!

「食べたことあるのに“えっ!?”と思ったのは、岩手でウニをとっている知り合いがいて、船に乗せてもらって撮影をしてたんですけど、捕ったウニを『これ食え!』ってポンって投げてくれて。痛かったんですけど(笑)、捕れたてのウニを割って海水で洗ってそのまま食べたら…。海水の味のついた、その場で食べるウニは凄かったですね」(植野さん、以下同)

さらに「今年出会った究極の一皿」は、「岩手のヒツジ」だったそうです。

国産ヒツジというのはあまり流通していないそうなのですが、「引退した農家の人が小屋を建ててヒツジを大切に育てていて、それを一部に出荷しているのを食べたんですが、そのヒツジの焼いた首の肉が優しくてピュアな味なんだけど、噛んだ瞬間にふわっと岩手の大地が蘇ってくる…あれは、本当においしかったですね…。大切に育てているから、出荷するときにお母さんが涙を流すくらいでね。なので食べる方もしっかりといただかないとって食べたんです。それが究極だったかもしれませんね」と話してくれました。

トーク後半では、『dancyu』最新号のテーマ「みんなの『和食』」やラーメンの話題なども。時折、脱線気味にダジャレも交えつつ、植野さんの食に関するトークは尽きない様子でした。

さらに、この日、植野さんがプレゼントとして持ってきてくださったのが「しらす家のちりめんじゃこ」。ちりめんじゃこxオリーブオイル×バジルで、薄切りバゲットに乗せると美味とのこと! ぜひお試しを!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。