体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BUCK-TICK、「BABEL」がMIDNITEテレビシリーズのEDテーマに決定!

BUCK-TICKのシングル「BABEL」が、日本テレビで放送されるMIDNITEテレビシリーズ『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査 シーズン1』のエンディングテーマ曲に決定した。「BABEL」はデビュー30周年プロジェクト第1弾としてリリースした楽曲で、重厚なバンドグルーヴに、ミステリアスかつゴシックな世界観が印象的な楽曲だ。主題歌に決まった『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査 シーズン1』は、ハイパー・サイメスティック・サスペンスドラマと題して、見たものを全て記憶する“完全記憶脳”の持ち主である主人公のキャリー・ウェルズが難事件を次々解決する海外ドラマで、「BABEL」の世界観が番組に彩を添えることになる。
BUCK-TICK (okmusic UP's)

また、「BABEL」はApple Music、LINE MUSIC、Google Play Musicなどサブスクリプションサービスでの配信がスタート! またSpotifyでは同時に最新アルバム『アトム 未来派 No.9』をはじめ、「惡の華」や「JUST ONE MORE KISS」、「スピード」などの人気曲が一斉に配信開始となったので、こちらも要チェック。

バンドは現在、全国ツアー『THE DAY IN QUESTION 2017』の真っ最中で、30周年記念プロジェクト第2弾となるシングル「Moon さよならを教えて」を2018年2月21日にリリースすることを発表したばかり。今後もBUCK-TICKの動向に注目だ。

■シングル「BABEL」配信URL

https://jvcmusic.lnk.to/buck-tick_babel
シングル「BABEL」
2017年11月15日発売

【完全生産限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)

VIZL-1261/¥2,380+税

【完全生産限定盤B】(SHM-CD+DVD)

VIZL-1262/¥1,880+税

【通常盤】(CD)

VICL-79002/¥1,000+税

<収録曲>

1.BABEL

2.Moon さよならを教えて(Takkyu Ishino Remix)

◎完全生産限定盤 4大特典(A/B共通)

1.Blu-ray/DVD:「BABEL」MUSIC VIDEO収録

2.次作アルバム予告編先行試聴シリアルコード封入

(ストリーミング可能期間:2017年11月15日0:00~12月31日23:59)

3.スペシャルデジパック仕様

4.購入者対象キャンペーン応募券封入
シングル 「Moon さよならを教えて」
2018年2月21日発売

【完全生産限定盤A】(SHM+CD+Blu-ray)

VIZL-1319/¥2,380+税

【完全生産限定盤B】(SHM-CD+DVD)

VIZL-1320/¥1,880+税

【通常盤】(SHM-CD)

VICL-79003/¥1,000+税

<収録曲>

■CD

1. Moon さよならを教えて

ほか1曲、全2曲収録

■Blu-ray/DVD ※完全生産限定盤のみ

「Moon さよならを教えて」 MV

◎完全生産限定盤A、B共通仕様

・スペシャルデジパック仕様

・購入者対象キャンペーン応募券封入

◎完全生産限定盤/通常盤 共通仕様]

・SHM-CD / Blu-ray(DVD)の収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応

(ダウンロード有効期限 : 2019年2月28日)
『THE DAY IN QUESTION 2017』
12月16日(土) 熊本:熊本県立劇場 演劇ホール

12月17日(日) 福岡:福岡サンパレスホテル&ホール

12月23日(土・祝) 群馬:高崎アリーナ

12月28日(木) 東京:日本武道館

12月29日(金) 東京:日本武道館
MIDNITEテレビシリーズ『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査 シーズン1』
日本テレビ(関東ローカル)にて毎週火曜深夜26時34分~オンエア

※初回放送は27:04~です。

※放送時間は変更になる事があります。また編成の都合により休止になる事があります。

放送:2017年12月19日~
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。