体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BRAHMAN、2018年にニューアルバムリリース&全国ツアーを発表

BRAHMANが、5年ぶりとなるニューアルバム『梵唄 -bonbai-』のリリースと、2018年3月3日(土)より全国ツアー2018『梵匿 -bonnoku-』を行なうことを発表した。
BRAHMAN
photo by キセキミチコ (okmusic UP's)

5年ぶりとなるフルアルバム『梵唄 -bonbai-』を一聴して分かるのは、彼らが自分たちの持ちうる全てをこの作品に注ぎ込んだということ。ここには、ハードコア、パンク、ロック、ブルースなどあらゆるジャンルの音が収まっているが、これを“ミクスチャー”なんて言葉でくくることはできない。しかし、なぜ「守破離」や「不倶戴天」といったこれまでにないハードコアナンバー、「ナミノウタゲ」や「満月の夕」といった胸を打つメロウなナンバー、そして、「AFTER-SENSATION」や「EVERMORE FOREVER MORE」といったメロディックなパンクナンバーが同居し得るのだろうか。考えられる答えがひとつある――実際に鳴っているのは楽器と声かも知れないが、ここではメンバー4人の“己”が鳴っているのだ。今作には、今の時代を生きる平凡な4人の人間が、この5年間を生きてきた証が生々しく刻まれている。彼らが経た苦悩、激闘、喜び、憤怒、馬鹿騒ぎ、慈しみ、深い愛情……喜怒哀楽だけでは表現しきれない、あらゆる感情が詰まっている。今作のタイトルは『梵唄 -bonbai-』。バンド名の由来にもなっている「梵」という字を冠したことは、彼らにとって自身のバンド名をタイトルにしたに等しい。それだけのものが込められた作品となった。なお、初回限定盤には2015年8月12日に新宿アンチノックにて行なわれた『尽未来際 ~開闢~』の模様を完全ノーカットで収録する。“BRAHMAN史上最高のライブ”と評されることも多い名演が遂に映像化される。

また、全国のCDショップで購入者特典として、過去の名ライブから選りすぐりのMCを収録した、『BRAHMAN MC DIGEST CD 2018』をプレゼント! また、キセキミチコによる新たなアーティスト写真と本作のジャケット写真も公開されているのでこちらも要チェック。
アルバム『梵唄 -bonbai-』
2018年2月7日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

TFCC-86632/¥3,685+税

【通常盤】

TFCC-86633/¥2,593+税

<収録曲>

■CD

01.真善美

02.雷同

03.EVERMORE FOREVER MORE

04.AFTER-SENSATION

05.其限

06.今夜

07.守破離

08.怒涛の彼方

09.不倶戴天

10.ナミノウタゲ

11.天馬空を行く

12.満月の夕

■DVD『尽未来際~開闢~』at 新宿ANTIKNOCK ※初回限定盤のみ

01.FOR ONE’S LIFE

02.BASIS

03.SHADOW PLAY

04.DEEP

05.BOX

06.BEYOND THE MOUNTAIN

07.DOUBLE-BLIND DOCUMENTS

08.CIRCLE BACK

09.SHOW

10.其限

11.遠国

12.THE VOID

13.LOSE ALL

14.A WHITE DEEP MORNING

15.逆光

16.FIBS IN THE HANDS

17.THE ONLY WAY

18.SPECULATION

19.EPIGRAM

20.CAUSATION

21.鼎の問

22.初期衝動

23.賽の河原

24.今際の際

25.露命

26.空谷の跫音

27.終夜

28.ARRIVAL TIME

29.汀に咲く

30.警醒

31.霹靂
『Tour 2018 梵匿 -bonnoku-』
3月03日(土) 山口・周南RISING HALL

3月04日(日) 広島・CLUB QUATTRO

3月07日(水) 京都・MUSE

3月09日(金) 新潟・LOTS

3月17日(土) 北海道・Zepp Sapporo

3月21日(水・祝) 大阪・Namba HATCH

3月23日(金) 石川・金沢EIGHT HALL

3月24日(土) 富山・MAIRO

3月26日(月) 奈良・NEVER LAND

3月29日(木) 和歌山・SHELTER

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。