体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「想像もつかないような大冒険があなたを待っています」Red Bull Can You Make It? 2018 の裏側を大公開!

「想像もつかないような大冒険があなたを待っています」Red Bull Can You Make It? 2018 の裏側を大公開!

先日応募をスタートしました、Red Bull主催のトラベルアドベンチャー「Red Bull Can You Make It? 2018

すでにチームを結成してエントリーの必要なPR動画を作る準備を進めているという声もちらほら聞いておりますが、皆さん応募する準備は進んでいますでしょうか?

人生に1度経験できるかどうかの大きなチャレンジにもなりうる、この「Red Bull Can You Make It? 2018」。昨年は実は150チームのエントリーがあり、その中から3チームの日本代表チームが選ばれました。

今年もきっと大いに盛り上がるであろうこの大会に、今回チャレンジしようと思っている方や、まだ迷っている方も含めて気になっていることがあるかと思います。


・実際に日本代表チームに選ばれる人たちってどんな人なの?
・どんな応募したの?
・当日までどんな流れで進んでいくの?
・旅中はどんな感じだったの?
・Red Bullと何を交換したの?

など。

その答えは、過去の日本代表チームに聞くのが一番でしょう。


ということで今日は、皆さんのそんな悩みを解決すべく、前回大会の日本代表チームの「Happies」の皆さんにその裏側の話をたくさん聞いてきましたので、ご紹介します。

「想像もつかないような大冒険があなたを待っています」Red Bull Can You Make It? 2018 の裏側を大公開!

Happies/日本代表チーム

当時、山形大学工学部4年生の柴田英徳さんと會田祥貴さん、そして理学部数理科学科3年生の高橋幹佳さんです。
Happies 公式Twitter:
https://twitter.com/happies_team?s=09

 

エントリーはどうだった?

ー動画の提出がありましたよね?撮影やテーマはどう決めたのですか?

會田:メンバーの個性が引き立つように英語の自己紹介や海外での写真を多く取り入れようと考えていました。正直、動画関係には非常に疎かったので四苦八苦しながらの撮影でした。

柴田:Happiesのおもしろさが伝わることを第一に考えていました。また、東北・山形を意識して、雪を活かしたストーリーにしたところがポイントでした。

ーオススメの作成方法やコツってありますか?

會田:個人的な意見ですが、「Red Bull Can You Make It?2018」はドローン等を使った迫力のある動画が、たくさん出てくると思います。ですが、動画内で自分たちの「色」を出すことを忘れないで欲しいです。

柴田:自分達らしさを出した方が、今後投票の際にも生きていくはずなので、そこは忘れないでください。

ーWEB投票は、どんなことを意識してSNSで発信しましたか?

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy