体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界のモバイルインターネット速度はこの一年間で30%向上、Speedtestが年間統計データを公開

インターネット回線の速度計測アプリ「Speedtest」の提供元がこの一年間に世界の平均モバイルインターネット速度が昨年よりも 30.1% も向上したなどの年間統計データを公開しました。同社は昨年 11 月からアプリの使用実績を基にした国別のモバイルおよびブロードバンド回線の平均速度データを示す「Speedtest Global Index」を提供しており。今回の情報はこれに基づくものとなっています。2017 年 11 月時点での平均モバイルインターネット速度(下り)は 20.2MBps で、ブロードバンド速度(下り)は 40.11Mbps でした。日本における最新の平均速度(下り)は対象国全体(122 カ国)の中で 55 位となる 21.67Mbps と低いものでしたが、前年同月の平均速度 17.55Mbps と比べると 4.12Mbps、約 23% も上がっています。モバイルインターネット回線の平均速度トップはノルウェーの 62.66Mbps です。日本と比較するとほぼ 3 倍もの速度が出ていますが、人口や経済規模、料金体系、SIM タイプのトレンドは国によって異なるため、国別で比較してもさほど意味はありません。ちなみに、2 位はオランダの 53.01Mbps、3 位はアイスランドの 52.78Mbps、4 位はシンガポールの 51.50Mbps、5 位はマルタの 51.46Mbps でした。他に注目すべき点を挙げると、ネット先進国の韓国は全体の 8 位となる 47.64Mbps、中国は日本よりも上で 31 位となる 31.22Mbps でした。また、世界最大の GDP を誇る米国は全体の 44 位となる 26.32Mbps で、Google がスマートフォンの普及に熱心なインドはたった 8.8Mbps と全体の 109 位でした。

■関連記事
「Vernee X」は4つのカメラと6,200mAhバッテリーを備える最強の中華フォン
TJC、Xiaomiの格安スマートバンド「Mi Band 2」を国内発売
津軽海峡フェリーが船内での公共フリーWi-Fiサービスを提供開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。