体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山頂から立ちのぼる「アロマ香」

山頂から立ちのぼる「アロマ香」

お香をスタンドの中に入れてカバーをかぶせると、山のてっぺんから煙が出るという粋なデザインが特徴的な「Aroma Mountain」。お香の香りを静かに広げてくれるだけでなく、角ばったデザインのカバーから、ゆったりとした曲線美の煙が出てくるコントラストも面白い。

これは男女問わず楽しめるアイテムです。山頂から立ちのぼる「アロマ香」山頂から立ちのぼる「アロマ香」

シンプルなんだけど遊びごころがあって、なにより楽しい。韓国のデザインスタジオで開発された「Aroma Mountain」は、白い垂直タイプと灰色の水平タイプの2種類。花に山で(かざん)というのも洒落てるでしょ。

火をつけてかぶせるだけ

山頂から立ちのぼる「アロマ香」

ほんと、なんてことはないんです。カバー付きの香炉(こうろ)なんてたくさんあるわけだし。ただただもうアイデア勝ちだなっていう印象。

お香に火を灯して山のカバーをかぶせるだけ。スティックタイプのお香もサイズにもよりますが、ホルダーがあるので使用可能。

ゆったりとたゆたう煙

山頂から立ちのぼる「アロマ香」山頂から立ちのぼる「アロマ香」 じゃあ、単なるアイデア商品かといえば、さにあらず。カバー内部では空気がうまく対流するよう、麓から新鮮な空気を入れながら、お香によって温められた空気が火口から出るように設計。熱もこもらないというから、安心してリラックスタイムを満喫できますね。山頂から立ちのぼる「アロマ香」

もちろん、部屋を彩るインテリアとしても悪くない。お香を焚かないときだって、ミニチュアを飾っている感覚でいいんじゃないでしょうか。

こういうのキライじゃないって人だけ、こちらから。Licensed material used with permission by MARK & DRAW Co., Ltd,INFO

関連記事リンク(外部サイト)

メイン州の「ナチュラルなお香」で、どこでもキャンプ気分に。
【この発想はなかった】マッチタイプのお香「hibi」が素敵!
男でもイケる「紙香」。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy