体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宮崎「シーガイアの少し変わった100の事」が少しどころじゃなかった。

宮崎「シーガイアの少し変わった100の事」が少しどころじゃなかった。

シーガイアが、新しく生まれ変わったそうです。

これまでも日本の屈指のリゾート、宮崎を堪能する場所として愛されてきた「フェニックス・シーガイア・リゾート」ですが、今年の10月に、オープン以来の大規模リニューアルが完成。今までより、“過ごし方”がパワーアップした、というその一部を見てみます。

ちなみに、リニューアルにあわせて「シーガイアの少し変わった100の事」という特設サイトがアップされたんですが、少しと言いながらもワクワクが止まらないので、いくつかピックアップしてみました。

…と、その前に。

「少し変わった」どころではなく、「大きく変わった」リニューアルを紹介しましょう。宮崎「シーガイアの少し変わった100の事」が少しどころじゃなかった。

たとえば、「THE LIVING GARDEN 〜水のエリア〜」。“大人を愉しむ水辺のリビング”をコンセプトとするだけあって、プールの周りにソファやロッキングチェアが配置されていて、太陽の日差しを浴びる昼間も最高に気持ち良さそうですが、夜までゆったりできそうなのがいい。

貸切りタイプの「ガゼボ」なら、プライベート感がもっと増すので、時間を忘れてしまいそう。しかも冬バージョンは掘りごたつが用意され、鍋も食べられるのだとか。

さらに「パインテラス」に新しく登場したテラスデッキでは、宮崎牛を使ったコース仕立てのバーベキューも楽しめます。宮崎「シーガイアの少し変わった100の事」が少しどころじゃなかった。宮崎「シーガイアの少し変わった100の事」が少しどころじゃなかった。

こちらは、10月にオープンした「THE LIVING GARDEN 〜森のエリア〜」。黒松林に囲まれて、大人な味わいです。

焚き火を囲むゆったりとしたソファ席の「焚き火のリビング」で語らいながら、無料サービスのコーヒーをいただきつつ、焚き火でマシュマロをくるくる——。想像しただけでも楽しいですね。宮崎「シーガイアの少し変わった100の事」が少しどころじゃなかった。

隣接するバーKUROBARは、天井の高いガラス張りの空間から眺めるガーデンの夜景がきれいです。ジンとフルーツを自由に組み合わせるオリジナルのジン・トニックやミクソロジーカクテルと共に夜を満喫できそうです。

テイクアウトもOKなので、焚き火や水辺にカクテルやワインを持っていき、最高のリゾート時間を味わいたいものです。

100個もどこが
変わったの?

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy