体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ゆうなんぎい」のラフテーは、郷土料理の本当の意味を教えてくれた。

「ゆうなんぎい」のラフテーは、郷土料理の本当の意味を教えてくれた。

「本格的な郷土料理が食べたいなぁ」。

沖縄入りする前、ぼくはそんなことをぼんやり考えていました。それは、いま思うと恥ずかしいくらい言葉通りの“ぼんやり”で、そこに知識もなければ、特別な想いもなく…。

ゴーヤーチャンプル、ナーベーラー、ミミガー。なんとなく耳慣れない言葉がついている食事にさえありつければ、それが「=沖縄料理を食べたこと」になると思い込んでいたんです。

でもそれは大きな間違いだった、というお話です。

昔は
「こんな料理でお金とるの?」
って言われました

「ゆうなんぎい」のラフテーは、郷土料理の本当の意味を教えてくれた。

「沖縄の郷土料理と言っても、そもそもはそれぞれのお家の家庭料理ですからね。味付けも違えば、仕込みも違う。うちのラフテーなんて、自家製の味噌で味付けをしていますから、沖縄でも珍しいと思いますよ」

「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味は新鮮だったけど、これが最高にうまい。「ゆうなんぎい」のラフテーは、郷土料理の本当の意味を教えてくれた。

国際通りから少し入ったところにある「ゆうなんぎい」は、地元客も観光客も溢れる人気店。トリップアドバイザーの影響もあって、今では外国人も多く、時間帯によっては行列を覚悟する必要あり。ただ、ここでスルーしてほしくないのは「地元客も多い」ということ。

もちろん立地の良さやお店の雰囲気、そして何より“おいしい”という理由もあるけれど、そこに郷土料理の本質があるように思うんです。

ずっと「そこ」にある
レシピ

「ゆうなんぎい」のラフテーは、郷土料理の本当の意味を教えてくれた。

メニューの裏にあるのは、創業当時の写真。1970年(昭和45年)、この時代の屋号は「YUNANGI」です。

「ラフテーもチャンプルーも泡盛も、当時は本当に家庭料理。だから地元の人から『え、こんな料理でお金とるの?』なんて言われたこともありました。それが今では沖縄料理としてたくさんの人が食べに来てくれたり、長寿料理として話題になったりしていて、少し不思議な感覚ですね。うちは創業からほとんど同じレシピだし、この40年くらいで周りの環境がどんどん変わっていったんですよね」

ゆうなんぎいA定食
2,900円

「ゆうなんぎい」のラフテーは、郷土料理の本当の意味を教えてくれた。

辻野さんの話を聞きながら、改めてこう思いました。

「本格的な郷土料理が食べたい」

—— 今度は本気です。

 

「ゆうなんぎいA定食」は、

・ラフテー
・グルクン
・フーチャンプルー
・ミミガー
・ジーマーミ豆腐
・カラスドーフ
・クーブイリチ
・いなむるち
・ごはん
・お新香

のすべてがセットになった、ふたりで食べてちょうどいいくらいのボリューム定食。「ゆうなんぎい」のラフテーは、郷土料理の本当の意味を教えてくれた。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。