体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シンガポール 最新レポ】 日本と違う「スターバックス」のクリスマス2017

DSC_0779
国が変われば「スターバックス」も変わる――世界中にあるスターバックスは、ロゴやショップのコンセプトなどはどこも変わらないものの、販売されているドリンクやフード、グッズ、そしてもちろん雰囲気などは国によってガラッと変わることがよくあります。
シンガポールにも、小国ながらスターバックスのショップがたくさん。ビジネスマンが多いリッチな国なので、スターバックスと相性が良いのでしょう。マーライオンの「ベアリスタ」もシンガポール限定で販売されています。

IMG_6838
そのシンガポールは常夏の国ながらクリスマスはもちろん祝います。11月に入ると、スターバックスの店舗もホリデーシーズン一色になります。
まず、フード。クリスマスツリーの形をしたブラウニーにアイスバーのような棒が突き刺さっていて、クリームでデコレーションされているスイーツは、店によっては昼過ぎにはなくなってしまう人気商品。試しに食べてみるとボリュームもあって味は意外とあっさりめでとても美味しかったです。

IMG_6841
ドリンクは目新しいメニューはなかったものの、紙のカップは日本と同じホリデーシーズン仕様です。

DSC_0924
ほかにも、チョコレートのムースやマシュマロのケーキ、そしてミルクプディングのカップもクリスマス柄。ミルク味のプリンは日本未発売で、濃厚なミルクの味がこれも絶品でした。

IMG_6872
グッズでは、クリスマス限定のマグカップやタンブラー、オーナメントなどがいろいろなデザインで揃っています。特に、ベアリスタのキーチェーンとクリスマスカップの形のカードがセットになったものは、もちろん日本未発売。

IMG_6843
日本のスターバックスと一味も二味も違う、シンガポールのスターバックスで見かけた2017-2018年のホリデーシーズン限定モノ。年始年末にシンガポールに渡航予定ならぜひチェックしてみてください。

シンガポールへの旅 – 観光&旅行ガイド – Visit Singaporehttp://www.visitsingapore.com/ja_jp/
(Written by Alice)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

京都のスターバックスで夜、「明かりのない」店舗で過ごすイベント 12月4日・10日開催
【中国 最新レポ】 深センのベスト「スターバックス」はここ、香港からもアクセス良し
ニュージーランドは「スタバ」が少ない!でもそこには懐かしのアレが…

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。