体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西本智実プロデュース、佐久間良子×中山優馬の革新的オペラが東京公演決定

西本智実プロデュース、佐久間良子×中山優馬の革新的オペラが東京公演決定

 世界的指揮者、西本智実の総合プロデュースによるINNOVATION OPERA『ストゥーパ~新卒塔婆小町~』が2017年10月の世界初演を経て、来年4月に東京公演を開催する。

 『ストゥーパ』は能の名作「卒塔婆小町」を題材とし、名優・佐久間良子、そして俊英・中山優馬ら俳優陣の演劇と、西本智実の指揮による音楽(歌手、合唱、オーケストラ)の組み合わせで上演される新しい演出のオペラ。佐久間演じる小野小町と、中山演じる若い僧の間に生まれる悲劇の恋。50歳の年齢差を超えたふたりの悲恋が幽玄の世界で繰り広げられる。

 西本演出による2014年の京都・南座のオペラ『蝶々夫人』、そして2015年の京都・泉涌寺「音舞台」での井上八千代の舞による『ボレロ』に続き、600年の伝統に息づく能と西洋音楽の融合に挑む『ストゥーパ』が、新しい舞台芸術の可能性を示す。

※「ストゥーパ」とはサンスクリット語で“卒塔婆”の語源

◎公演概要
【INNOVATION OPERA「ストゥーパ ~新卒塔婆小町(しんそとばこまち)~」】
2018年4月21日(土)
東京文化会館 大ホール(JR上野駅公園口徒歩1分)
昼公演 開演13:00(開場12:15)
夜公演 開演17:00(開場16:15)
※各公演「西本智実×中井美穂によるスペシャルトーク」あり

芸術監督・台本・指揮:西本智実
出演:佐久間良子(小野小町)、中山優馬(僧)、青山達三(従僧)
舞踊:玄玲奈
(公達)テノールI:杉江恭輔、テノールII:濱田翔、バスI:小仁所良一、バスII:石井基幾
管弦楽:イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
合唱:イルミナート合唱団
スペシャルトーク:中井美穂

主催:ビルボードジャパン、オフィスTEN
企画制作:オフィスTEN

チケット:S席8,800円 A席7,800円 B席6,800円(全席指定・税込)

詳細URL:http://billboard-cc.com/classics/stupa/
お問合せ:03-3593-3221(平日11:00~18:00)

関連記事リンク(外部サイト)

藤井フミヤ×西本智実初共演、色彩感溢れる究極の“プレミアムサウンド”が誕生。
西本智実×高見沢俊彦、新たなステージで誕生した“音楽の革新”東京公演レポート!
西本智実×高見沢俊彦、大阪公演に向けて“ホワイトデー”特典写真が公開 2/24には特番も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。