体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サカナクション「陽炎」遂に完成、映画『曇天に笑う』最新予告映像とともに初解禁

サカナクション「陽炎」遂に完成、映画『曇天に笑う』最新予告映像とともに初解禁

 2018年3月に全国公開される映画『曇天に笑う』の主題歌、サカナクション「陽炎」が映画の最新予告映像とともに初解禁された。

映画『曇天に笑う』予告編

 『曇天に笑う』は女性層を中心に熱狂的なファンを持つ大ヒットコミックシリーズで、2014年にはアニメ化、2015年からは舞台化と、様々なメディアで人気を博してきた作品。2018年には待望の映画化が決定し、時代劇映画初主演、そして本格アクションシーンにも挑戦する福士蒼汰と、『踊る大捜査線』シリーズ、『亜人』をはじめとする日本映画界随一のヒットメーカー、本広克行監督が初のタッグを組む、アクション・エンタテインメント作として注目が集まっている。

 また、主題歌には本広監督がプライベートでも親交のある山口一郎氏がフロントマンを務める、サカナクションの書き下ろし楽曲が起用されることが発表されたが、未完であることを公表され、本広監督、主演の福士蒼汰から異例の楽曲完成祈願コメントも届き、完成が待ち望まれていた。そんな中、遂に主題歌「陽炎」が完成し、最新予告映像とともに初解禁された。本楽曲は今年の春からスタートしたツアーで何度も披露していた楽曲だが、試行錯誤をギリギリまで繰り返し、1年半の製作期間を経てバンドの最高傑作と言っても過言ではない楽曲に仕上がった。

 最新予告には人気若手俳優陣が勢ぞろいし、家族や仲間を守るために、ボロボロになりながらも死闘を繰り広げる姿が描かれている。主題歌「陽炎」の歴史と現在を感じさせる楽曲にも注目だ。

◎映画『曇天に笑う』予告編
https://youtu.be/8tEHNoVA9L4

◎公開情報
『曇天に笑う』
2018年3月21日(水・祝)より全国公開
監督:本広克行
出演:福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹、若山耀人、
   池田純矢、若葉竜也、奥野瑛太/東山紀之
主 題 歌:「陽炎」サカナクション(NF Records/ビクターエンタテインメント) 
c2018「曇天に笑う」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

家入レオ/くるり/斉藤和義/サカナクション/ちゃんみな/ぼくのりりっくのぼうよみ、Spotifyで配信スタート
サカナクション主宰レーベルより発売! 山口一郎の“雲の上の人だった”藤原ヒロシの新AL『slumbers』
ユニコーン30周年記念ツアー初日公演のライブ映像トッキュウ配信

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。