体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実写ドラマ『賭ケグルイ』早乙女芽亜里に森川葵が決定

実写ドラマ『賭ケグルイ』早乙女芽亜里に森川葵が決定

 2018年1月から実写版ドラマの放送が始まる、月刊ガンガンJOKER(スクウェア・エニックス刊)連載中の『賭ケグルイ』。すでに主人公の蛇喰夢子、そして鈴井涼太のキャストが発表されているが、このたび夢子のライバルにして後に共闘することになる早乙女目亜里を森川葵が演じることが発表された。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 芽亜里はギャンブルの強さで階級が決まる私立百花王学園で、2年華組のトップに君臨する凄腕ギャンブラー。ツインテールの可憐な容姿とは裏腹にプライドが高く、クラスメイトの鈴井涼太(高杉真宙)を敗北させ、家畜「ポチ」の身分に叩き落とし、転校生の夢子に対し、最初にギャンブル勝負を仕掛ける重要人物。夢子とともにファンの人気も高く、彼女を主人公にしたスピンオフ作品『賭ケグルイ双』も発表されている。

 今回、芽亜里を演じることになったのは、若手演技派女優として注目を集める森川葵。すでに2018年に3本の出演映画が公開待機中。

 森川は「『賭ケグルイ』はアニメを見ていたので、実写でやるとどうなるんだろうと思いました。芽亜里も表情が豊かを通り越した、人間ができる限りの変顔をやるので、『私どこまでできるかな…』ととても心配でした」と不安を口にしていたものの、初日の撮影を終えて「今までお芝居をやってきた中で、一日でこんなに声を出して体力を使い切ったのは初めてです。初日からこんなに全力でやっちゃってこの先どうなるかすごく心配です(笑)」と全身全霊で役に挑んでいることを明かしている。英監督もその演技に「『できる子』だというのは聞いていましたが、『想像以上にできる子』だったので驚いています」と絶賛。森川も「すごく笑ってくださるので監督をもっと笑わせたいです!」と応え、「熱くてスカッとするドラマだと思うので楽しみにしてください!」とコメントを寄せている。

 ドラマ『賭ケグルイ』は、MBSで2018年1月14日スタート(毎週日曜・深夜0時50分〜)、TBSでは2018年1月16日スタート(毎週火曜・深夜1時28分〜)で放送を開始する。

(c)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ」製作委員会・MBS

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

高杉真宙、犬(ポチ)になる!実写『賭ケグルイ』の鈴井涼太役に決定
実写ドラマ『賭ケグルイ』主演に浜辺美波 MBSで1月14日スタート
『幕末グルメ ブシメシ!』シーズン2放送決定!伴四郎の料理が帰ってくるぞ

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。