体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

貫通している?「当たり判定がバグってる狐」のモフみが素晴らしい

貫通している?「当たり判定がバグってる狐」のモフみが素晴らしい

 冬支度の済んだ動物たちは寒さに耐えるためにもっこもこの冬毛になりますが、あまりにも冬毛がもこもこでまるで当たり判定がバグっているかのように見えるキツネが話題です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 キツネと動物が大好きなCheng-Renさん。東海地方の動物園を中心に2週間に1度は動物園へ撮影に行き、北海道北見市の北きつね牧場にも今年だけで計8回も行っているという大のキツネ好きさん。7月にも北きつね牧場でのたぬきとキツネの様子をツイッターに投稿して話題になっています。

 今回話題になったのは、「当たり判定がバグってる狐」というコメントともに投稿された写真。キタキツネの毛がとってもモフモフになっていてまるで鉄柵の棒が背中を貫通している様に見えてしまいます。

 この写真を見た人からは「モフモフ量がすごい」「ホントに貫通しいるように見えてビビった」「弾幕シューティングの自機?」と反響続出。いちばん多かった反響は案の定、「かわいい」でしたが。

 あまりにもモフみが素晴らしい冬毛仕様です。どれだけ冬と夏で違うのか、撮影者のCheng-Renさんに夏に撮影したキツネの写真を見せて頂きました。

 もしかしたら今回話題になった個体と同じかもしれないという、7月の写真には、すごく……シュっとした姿が写し出されています。モフってない……。
貫通している?「当たり判定がバグってる狐」のモフみが素晴らしい同じ個体と思われるキツネ。7月撮影

 対する冬の時はもっふもふでコロンとした雰囲気。夏と冬では見た目の毛の状態が倍くらい違ってくるという事ですが、確かに納得。同じ個体でも夏と冬ではかなり印象が違ってくるようです。
貫通している?「当たり判定がバグってる狐」のモフみが素晴らしい元がスレンダーな個体だと夏毛でこんなにもほっそりと

 Cheng-Renさんのタイムラインにはキツネたちを撮影した時のツイートがモーメントにまとまっている物もありますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

当たり判定がバグってる狐 #北きつね牧場 #キタキツネ pic.twitter.com/hC65s3FXdf

— Cheng-Ren (@chengren21) 2017年12月12日

<記事化協力>
Cheng-Renさん(@chengren21 )

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

原稿頑張ってる諸君へ 同人活動のベテランが無理した結果の体験談で警鐘
ペンギンの「出川さん」に会いに行こう!東北サファリパークのサプライズ企画がやばいよやばいよー
糖尿病=生活習慣病?実はそうでもないのです。『鉤月のオルタ』作者のレポ漫画より、1型糖尿病とは。

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。