体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「渡ナベ」神経衰弱ゲーム『渡る世間はナベばかり』がアプリでリリース

 ネットで話題をあつめた、「渡ナベ」という姓の「ナベ」の漢字「辺」「邉」「邊」……24種をあつめたインディーズゲームが、『渡る世間はナベばかり』(iOS版/Android版、基本プレイ無料)として株式会社サウザンドゲームズより2017年12月15日にリリースされました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 本作は、作者である中村誠氏がインディーズゲームとしてツイッターで紹介したところ、1万2千RTを超えるほど拡散され、テレビや雑誌でも広く取り上げられたゲーム。

 今回のアプリ版ではタイトルにある『渡る世間はナベばかり』のほか、『スピードナベばかり』『ナベカルタ』『おひとりさまでお待ちの渡ナベ様』と、合計4つの遊び方が収録されています。

 さらにナベ知識カードで「渡ナベ」にまつわる豆知識が得られるほか、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語のルールが付属しており、外国の方とも遊べる親切仕様(?)。

 ちなみに、ゲームは3種類の「ベ」からスタートし、『初級者』から『超級者』まで4つの難易度が用意されています。また、24種類の「べ」を使った「格付け」モードでは全国ランキングに対応。クリア時間の限界に挑戦して渡ナベ全国上位をめざしましょう!



【iOS】 https://goo.gl/bYqp3e
【Android】 https://goo.gl/bq8xMj

(C)Macoto Nakamura
(C)Arclight,Inc.
(C)Thousand Games

関連記事リンク(外部サイト)

JRA×新日本プロレスに3つの新ゲーム追加・レスラーに挑め!
静岡・久能山東照宮の刀剣修復プロジェクト、『刀剣乱舞』協力のもと始動
ただの娯楽としてではなく歴史的資産として残す、NPO法人「ゲーム保存協会」の取り組み

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy