体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最速とも言われる「OnePlus 5T」のベンチマークスコア

性能面で世界最速とも言われる「OnePlus 5T」のベンチマークテストを実施してみました。OnePlus 5T には Snapdragon 835 オクタコアプロセッサや LPDDR4X 準拠の 8GB RAM、UFS 2.1 準拠の UFS ストレージが使用されており、スペック上でもその性能は素晴らしいものだろうと予想できます。今回は Antutu と Android Bench を使ってシステム全体とストレージの性能を測り、結果を Pixel 2 と比較してみました。■ Antutu(括弧内は Pixel 2 のスコア)トータル:180,893 点(166,070 点)3D : 74,584 点(66,368 点)UX : 56,635 点(54,875 点)CPU : 39,268 点(35,392 点)RAM : 10,406 点(9,435 点)■ Android Benchmark(括弧内は Pixel 2 のスコア)シーケンシャルリード : 741MB/s(742MB/s)シーケンシャルライト : 206MB/s(197MB/s)ランダムリード : 141MB/s(167MB/s)ランダムライト : 20.25MB/s(19.81MB/s)Antutu のトータルスコアは Pixel 2 よりも約 8% 高く、項目別で見てもいずれも OnePlus 5T の方が良いスコアでした。また、ストレージの性能ではほぼ互角でしたが、ランダムリードの性能だけは Pixe 2 に大きく負けていました。おそらくこのスコア差は体感的な性能差にも現れると思われます。

■関連記事
Googleフライトが機械学習技術でホテル料金を追跡、Google Tripsには割引機能が追加
強力な文法チェック機能を備えた英語キーボード「Grammarly」のAndroid版がリリース
NTTレゾナント、センサー系が充実した4.5インチコンパクトモデル「FLEAZ Que +N」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。