体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

より簡単に無人航空機を操縦 アメリカ海軍が改修キットを披露

より簡単に無人航空機を操縦 アメリカ海軍が改修キットを披露

 無人航空機(UAV)の普及が進んできましたが、まだまだその操縦を習得するのは時間がかかり、簡単に導入するという訳にはいきません。しかしこのたび発表された、アメリカ海軍の研究機関が民間企業と開発した無人機改修キットでは、わずか15分で操縦が可能になるといいます。すごい!

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 無人機改修キットを開発したのは、アメリカ海軍の研究機関「アメリカ海軍研究局(ONR)」と、ボーイング傘下の民間企業「オーロラ・フライト・サイエンシズ」。アメリカ海兵隊の自律式航空輸送ユーティリティシステム(AACUS)計画の一環で開発されました。

 現地時間12月13日、アメリカのバージニア州にある海兵隊クワンティコ基地で行われたデモンストレーションでは、機首にカメラやレーザーセンサーなどを装着したUH-1H(AEH-1)ヘリコプターが、操縦者の持つタブレット端末で飛行する様子が公開されました。どのようなヘリコプターにも適用可能だというこの改修キットでは、大掛かりな機体改造の必要がなく、通常通りパイロットが搭乗して操縦することも可能だそうです。今回のデモンストレーションでは、不測の事態に備え、パイロットが搭乗してモニター役を務めました。



 このキットで改修された無人機の操縦は、タブレット端末で簡単に行えるとのこと。誰でも15分ほどの訓練を受ければできるようになるそうです。

 アメリカ海兵隊では、危険な前線への航空輸送による撃墜やパイロットの消耗を最小限にするため、現場の兵士が簡単に使えるこの無人操縦システム「AACUS」の開発を推進してきました。5年にわたる開発計画の最終段階であったこのデモンストレーションが成功したため、これからは海兵隊に移管され、実戦配備のためのプロセスに移行することになります。

※PHOTO:U.S.NAVY

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ベトナム航空がプレミアムエコノミー導入。銀座に期間限定カフェもオープン
史上初・羽田のJAL格納庫で300人超の「踊ってみた」開催。ニコ生でも中継
【レッドブル・エアレース】チャレンジャークラスの使用機がエッジ540V2に。オーバーGのルールも変更

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy