体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ヒロインはこれまでで一番凝って作ったキャラクター」―『東京レイヴンズ』作者・あざの耕平さんインタビュー(2)

「ヒロインはこれまでで一番凝って作ったキャラクター」―『東京レイヴンズ』作者・あざの耕平さんインタビュー(2)

富士見ファンタジア文庫の人気ライトノベル『東京レイヴンズ』シリーズ。その最新巻である8巻が10月20日に発売された。

今回、発売された8巻はいよいよ物語が佳境に差し掛かる重要な巻となる。

家のしきたりによってずっと男として振る舞い続けてきた夏目だったが、ついに女だとバレてしまう。それ以来、好意を寄せていた京子は夏目たちを避け続けていた。その一方、春虎はシェイバとの激闘以来、自分の呪力を制御できずに不安定な状態に陥っていた。幾つもの不安を抱える春虎たちにさらなる事件が襲いかかり――。

さらになんと、この8巻の帯で、『東京レイヴンズ』の「アニメ化企画進行中」が発表された。詳細は未定だが、キャラクターたちやアクションシーンがアニメで見れることができるのだから期待は高まる。

今回は『東京レイヴンズ』作者のあざの耕平さんにロングインタビューを敢行。『東京レイヴンズ』の世界観についてお話を聞いた。ここではその中編をお送りしていく。

(聞き手/金井元貴)

■ヒロインの夏目はこれまでに一番凝って作ったキャラクター

―では、この『東京レイヴンズ』シリーズの登場人物の中で、一番自分に近いと思うキャラクターは誰ですか?

「ダメなときの大友先生ですかね(笑)」

―(笑)私は大友先生好きですよ。すごく良いキャラクターですよね。

「ある意味、理想的な人ですよね。自分で出来ることはきっちりとやって、日ごろはヘラヘラしているという。社会に対してピンで立っていける、身の処し方をわきまえています。春虎たちのような学生の立場から見れば、結構魅力的なポジションの人ですけれど、社会を動かそうとすると、組織の中に入らなきゃいけなくなる。だから一つ上の世代の人たちからは『お前、無責任だろ』という印象を持たれると思うんですよね」

―若い世代で自立しているキャラクターといえば、冬児はそうかなと思うんです。彼は3巻でフォーカスされていて、体の中に鬼を宿す「生成り(なまなり)」という特異体質をもっていたり、彼の過去だったりというところがいろいろと分かるのですが、常に春虎たちのまとめ役を担っているなと思います。

「彼は子どもたちの中では一番しっかりしていますが、まだまだこれからのキャラクターですよ。このシリーズの一番の特徴は主人公がゼロからスタートしているところ、つまり何もない、未熟者の段階から始まっていきます。こういう設定は私にとっても初めてのことだったりするのですが、春虎も冬児もこれからさらに成長していくはずですし、今はまだ上との差は大きいですが、上とわたり合えるようになって欲しいなとは思っています」

―先ほど、第一部と第二部を分けて考えていらっしゃるとお話をされていましたが、第一部は学校が舞台として捉えてもよろしいのでしょうか。つまり、春虎たちの学校生活、と。

「そうですね。そんな感じで捉えてもらえれば」

―では、第二部はどんな展開になるのでしょうか。

「それについてはまだ何も言わない方がいいかな(笑)。今後の物語の展開から、想像していただければありがたいですね」

―タイトルに「東京」という地名をつけていらっしゃいますし、舞台も東京がメインになるのですが、この「東京」にこだわりをもった理由はあるんですか?

「これはタイトル付けのテクニックの一つで、まず陰陽師モノを書くということは決まっていたんです。それにもう一つ、現代を舞台にしようという風にも思っていて、一発で陰陽師モノで現代が舞台って分かるタイトルは何かないかなと考えたところ、出てきたのが『東京陰陽師』というタイトルだったんですよ。ただ、『陰陽師』とつけるとストレートすぎませんかという話が出まして、陰陽師をカラス(raven)に例えて、『東京レイヴンズ』としたんです。実は『東京クロウズ』(crow)という案もあったんですが、ちょうどその頃、『クローズZERO』という映画があって、被ってしまうのもな、と」

―少し、女性キャラクターについてお話をうかがいたいのですが、7巻に差し込まれているリーフレットで、女性キャラクターの人気投票の結果が発表されていました。一位はヒロインの夏目でしたが、あざのさんがもし投票するとしたら誰にしますか?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。