体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Kotlinのパイオニア長澤太郎氏・LINE Fukuoka吉田清亮氏が語る、Kotlinの運用とこれから

「不安よりワクワク感が勝った」Kotlin導入のキッカケ

吉田(LINE):今年はいよいよGoogleの正式サポートが発表されましたね。今年のGoogle I/Oは、太郎さんはかなり注視していたんじゃないですか?

長澤(エムスリー):毎年来るか、来るかとドキドキしていたので、正直「今年も来ないだろ、もういいよ……」という気持ちで見ていました(笑)。

エムスリー株式会社 長澤 太郎氏

長澤:LINEさんがKotlinを導入しはじめたのはいつ頃なんですか?

吉田:2016年の秋頃からです。僕はLINE FukuokaでLINE Creators Studioというアプリ開発に携わっているのですが、その開発を始める段階でKotlinを採用しました。

開発チームが立ち上がったときは3人で、みんな初学者でしたが特に異論なく採用されました。Kotlin導入の決定自体はすごくスムーズでしたね。

LINE Fukuoka株式会社 開発室 吉田 清亮氏

⇒参考:LINE Creators Studio開発に使われるKotlinのご紹介

長澤:Google I/Oの発表以前からなんですね。導入にあたって不安要素はなかったんですか?

吉田正直、ほとんどなかったですね。Kotlin1.0のリリースから間が空いてようやくKotlin1.1がリリースされるタイミングだったので、ある程度の安心感もありましたし、ネックだったDaggerのうまく動かない問題もちょうど解決された頃ですんなり導入できたので、やってみようと。

チームとしても会社としても、導入への不安より「使ってみようよ」というワクワク感が勝っていました(笑)。太郎さんの活動のおかげで心的障壁が低くなっていたのもあると思います。太郎さんの会社は、やはりKotlinの導入は早かったんですか?

長澤:僕がKotlinを触り始めたのは4、5年前ですが、会社の開発への導入は2年前でした。Java製のAndroidアプリのリニューアルをしていて、そのときに僕の活動を知っていた上司に背中を押してもらったのがキッカケです。

それでも当時は、導入するのは早いんじゃないかと不安がありましたね。なので、Google I/Oでサポートが発表されて本当に嬉しかったです。

吉田選択したことの正しさが証明された、という気持ちになりますよね。一安心しました。

初学者だけの環境でクオリティを上げていくために

長澤:とはいえ、全員が初学者の状態で開発を進めていくのは大変じゃなかったですか?コーディングスタイルの統一やコードのクオリティの担保などどうやって進めてました?

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。