体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

nasne録画番組の書き出し&持ち出し機能は?

nasne録画番組の書き出し&持ち出し機能は?

“HDDレコーダーの決定版”とマニアの間で高い評価を受け続けているのがソニーの「nasne」です。遠隔視聴などのネットワーク機能が優秀な上、設定も超簡単で価格が2万円台。そんなnasneで録画した番組をBDなどのメディアを書き出したり、スマホに持ち出したりする方法を紹介しましょう。

nasneの録画番組をBDに書き出し

nasneの視聴機能は優れていますが肝心な機能がありません。それはBDなどのメディアへの書き出し機能。そもそもnasneにはBDドライブが搭載されておらず、単体での書き出しには対応していないのです。

そこで使用するのがPC用ツール「PCTV Plus」です。このツールを使うことで、PC経由でメディアへの書き出しが可能になります。ソフト上で書き出したい番組を選択。複数の番組をまとめて書き出す方法もあります。

スマホでnasneの録画番組を視聴する際、通常はストリーミングでの再生になりますが、最新のアップデートで同一ネットワーク上なら端末にダウンロードできるようになりました。

家を出る前に昨夜の番組をダウンロードしておき、移動中に視聴すれば通信量を気にせずに視聴可能。ちなみに、BDへの書き出しと同様に、コピー回数は1回分としてカウントされます。

nasne本体の増設でチューナー増

nasneは地デジとBS/110度CSチューナーを1基ずつ内蔵していますが、nasneそのものを増設することでチューナー数を増やせます。普通に考えればレコーダーを何台も買うようなものですが、nasneは複数の本体が連携してtorneなどのツール1つで操作できるのです。

そのため、同じ時間に放送されている番組を録画しようとした場合、録画が重複しないように自動で他のnasneに振り分け。現状、スマホツールは4台、PS3・PS4・PCは8台までnasneを同時にコントロールできます。

nasneはHDDの増設も可能です。1TBのHDDを内蔵しているものの、番組を録画していくとあっという間に容量不足。nasne1台に増設できるHDDは2TBまでで、最大容量は合計3TB。録画モードは「等倍」と「3倍」で、番組数は最大1,000本までです。この容量があれば十分でしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。