体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「つらい仕事は、むしろ辞めなきゃいけない」“ゆるい多角経営”で都内3店舗、26歳・えらいてんちょうの仕事って?

「起業」と耳にして、多くのビジネスパーソンがまず思い浮かべるのは壮大なビジョンや斬新なビジネスモデルを掲げるスタートアップでしょう。ただもちろん、そうした華々しい存在が全てではありません。何を売るかもはっきり決めないまま地元である東京・豊島区の住宅街で2年前に店をオープン、コストを抑えた“ゆるい”手法ですぐ3店舗まで広げ、さらに結婚を即決して妻子を養う「えらいてんちょう」は26歳。経営するバーには仲間やゲストが詰めかけ、連日盛り上がりをみせています。ユニークな多角経営とそこに至るいきさつ、仕事に託する思いを“てんちょう”に聞きました。f:id:k_kushida:20171208185239j:plain

【プロフィール】

えらいてんちょう(Twitter:https://twitter.com/eraitencho

1990年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。シェアハウスの共同運営などを経て2015年10月、実家に近い豊島区の空き店舗で「リサイクルショップ落穂拾」を開店。その後1年足らずで近隣に学習塾、バー、外国語教室も開き、17年8月には軌道に乗ったリサイクルショップの経営権を知人に売却した。学習指導やバー店主のかたわらで宅地建物取引士の資格を取得し、不動産業への進出も計画中。初対面の2週間後に結婚した妻との間に1児。

“店舗兼居室”からのスタート

f:id:k_kushida:20171208190003j:plain

ーーこのリサイクルショップで2年前に事業を始めたそうですが、店の経営は知人に譲ったそうですね。入っていいんですか?

ええ、大丈夫です。私はいま、こことは別に3つの店舗を近くで経営しています。いつもどこかを不在にするので、留守の間は興味を持ってくれた人に「勝手にしていいよ」とお任せしています。こちらからあれこれ管理しない代わりに給与もなく、ときどき“おこづかい”を渡すくらいですが、それでも若い学生など、手を挙げてくれる人が絶えないので助かっています。

ーー現在経営するのは、バーと学習塾と語学教室。それぞれ調子はどうですか。

いまのところ柱になっているのは連日満席の「イベントバー エデン」で、それ以外は赤字(笑)。ただ、全体としてみると経営は成り立っています。学習塾は廃業予定だった教室と受講者をそのまま引き継いで電話番号を変えただけ。居抜き店舗に入居したバーも月3万円のカラオケを入れたほかはトイレの便座と郵便受けを修理したくらいで、ほとんど元手をかけていません。バーで仕込んだ料理が余ったときは自宅に持ち帰ったりもしているので、専業主婦の妻と生後間もない息子の3人で、特に不自由なく暮らせています。

ーー最初に開店したときは、事実上“店に住んでいた”とか。

ええ。始めてみると仕事が長引いて徹夜になることも多く、借りた店舗で寝起きする生活がしばらく続きました。

それまでは実家暮らしだったので、店を始めるのと同時に親元を離れるつもりでいたんです。具体的に何の店をやるか分からないうちから「住むところで仕事もでき、そこからいくらか収入が得られればなんとか生活できるだろう」という計算をしていて、実際予想以上にうまくいきました。

ただ、そういう方法が使えたのは私が男性で当時独身、しかも物件のオーナーが大目に見てくれたおかげです。夜間の店舗に女性1人きりでは、やはり危険。なので単身の男性や子どものいないカップルから相談を受けたときだけ、私と同じやり方で店を開くことを勧めています。

店は「憩いの場」であり「最高の広告」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy