体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

開運肌!体の中で 最も赤ちゃんに近い肌はあの部分

開運肌!体の中で 最も赤ちゃんに近い肌はあの部分
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。12月の木曜日は、リーディングメイクアップアーティスト・大野裕美子さんをお迎えしています。

大野さんは、人相・観相学を基にしたフェイスリーディング法で、人生をより良くするきっかけとなる「開運メイク」をアドバイスされています。12月2週目となる14日(木)は開運メイクのテクニックについてお話を伺いました。

開運メイクの基本となるのが「開運肌」。大野さんによると、開運肌の一番は、自分が赤ちゃんだった時の肌。そして自分が赤ちゃんだったときの肌が一番分かりやすいのが、“水かき”の部分とのこと。親指と人差し指の間を揉むと自分の血色が分かると言います。この部分は外からの刺激を受けていない赤ちゃんに近い場所と言われており、顔もこの色や状態に近づけていくのが良いのだとか。

また、ファンデーションは赤・青・白・黄でできていて、そこに黒を加えた5つの色が「顔の色」と言われているのだそうです。

まず青は、血色から離れるのでSOSのサインです。良いシグナルではないですが、ブルーのアイシャドウは発展や繁栄の色とも言われていますので、自分にあったブルーを見つけたいところ。しっかりファンデーションを塗った上で、ブルーをのせると美しいブルーが出るのだそう。

赤は生命力。バラ色のような美しい赤、血色を感じる赤は特に、恋愛成就などの開運の色。

白は若さの象徴なので、「顔の中の白は死守してほしい」と大野さん。目と歯の白は、どうしても黄ばんでくるので、いかに保つかが大事。内臓の状態など健康状態も全て出てしまうので、男女ともに気をつける必要があります。また、顔のまわりにイヤリングなどで白があるだけでもきれいに見えるそうです。

そして、黄色は開運の色。収入増加や願望達成、豊かさをイメージさせる色です。さらには青に混ぜたら緑になり、赤に混ぜたらオレンジになる、調和の色でもあります。元気のある色とも言われているので、ぜひ取り入れてコントロールしてほしい色だそうです。

最後の黒は大事な色で、古来、アイラインは魔除けの意味があったそう。アイラインを一本、適切に入れることで顔が変わり引き締まります。これは男性にも言えることで、ハリウッドスターやアイドルもやっているとのことでした。

次週の木曜日、12月21日(木)も引き続き大野さんに、開運メイクのテクニックについて伺います。お聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy