体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新型スペーシアカスタムは、めっちゃ押し出し強め!

▲同じスペーシアでも全然違う。カスタムは迫力満点の存在感!

▲同じスペーシアでも全然違う。カスタムは迫力満点の存在感!

カスタムらしいスゴイ存在感

2017年12月14日(木)、スペーシア/スペーシアカスタムが2代目へとフルモデルチェンジしました。カスタムの方は、衝突被害軽減ブレーキ装着車のHYBRID GSで本体価格が157万6800円(税込)からとなっています! 「ターボ付きが欲しい!」って方は、HYBRID XSターボの178万7400円(税込)からとなります。

カスタムももちろん全車マイルドハイブリッド搭載ですし、基本的な装備は普通のスペーシア同様です。

でもデザインは180度違います。カスタムはかなり主張が強く男性的なデザインになっています。

内装もブラックを基調にキリッとした印象です。

ボディカラーのバリエーションは9色。2トーンルーフは5色用意されています。

普通のスペーシアがママメインだとしたらカスタムはパパ用でしょうか。どちらにしろファミリーにすごくオススメな車だと思います。あとは20代のカップルなんかが乗っているとイメージにピッタリかな。

それでは、スペーシアカスタムを写真でお送りしましょう!スペーシアが見たい方はこちらの記事をどうぞ!

▲スペーシアカスタムの外装 ▲ホイールも意匠が細かく最近はやりな感じでカッコイイ

▲ホイールも意匠が細かく最近はやりな感じでカッコイイ

▲ラゲージはフラットになるので使いやすい

▲ラゲージはフラットになるので使いやすい

▲パーソナルテーブルがあるとうれしい!

▲パーソナルテーブルがあるとうれしい!

▲スーツケースをモチーフにブラック基調でシャープな印象

▲スーツケースをモチーフにブラック基調でシャープな印象

▲フロントシート ▲質感がすごく高くて、軽自動車とは思えないくらい!

▲質感がすごく高くて、軽自動車とは思えないくらい!

▲カラバリも豊富!

▲カラバリも豊富!

【SPECIFICATIONS】

■グレード:HYBRID XSターボ ■乗車定員:4名

■エンジン種類:水冷4サイクル直列3気筒+モーター+ターボ ■総排気量:658cc

■最高出力:47(64)/6000 [kW(ps)/rpm]

■最大トルク:98(10.0)/3000 [N・m(kgf・m)/rpm]

■モーター最高出力:2.3(3.1)[kW(ps)]

■モーター最大トルク:50(5.1)[N・m(kgf・m)]

■駆動方式:FF、4WD ■トランスミッション:CVT

■全長x全幅x全高:3395x1475x1785(mm) ■ホイールベース:2460mm

■車両価格:178.740万円(税込)~

※価格は衝突被害軽減ブレーキ装着車のもの

【関連リンク】

スズキ スペーシアのカタログはこちらtext/編集部 青木勇介

photo/篠原晃一、スズキ株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

スペーシアが見たい方はこちらの記事をどうぞ!
スズキ スペーシアのカタログはこちら

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。