体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【NoisyCell インタビュー】日常でもライヴでも口ずさんでくれる曲が理想

デジタルシングルという形態で「Letter」が到着! 歌、メロディー、歌詞に焦点を当て、より伝えることを念頭に置いた、バンドがひと皮もふた皮も剥けたことを証明する渾身の作品だ。
L→R Kiara(Ba)、Ryosuke(Vo&Gu)、Tatsuya(Dr)、Ryo(Gu&Scream&Programming) (okmusic UP's)
──2017年はどんな1年でしたか?
Ryosuke
「バンドとしては試行錯誤してました。」
Ryo
「Survive Said The Prophet(通称サバプロ)と一緒にツアーを回ったり、制作もあったので、あっと言う間でした。メンバーだけじゃなく、スタッフとの一体感も出てきたし、バンドにスイッチが入った年でした。」
──サバプロとのツアー帯同はいかがでした?
Ryosuke
「最近の彼らはすげぇ良くて、刺激を受けました。ライヴに向かう姿勢という意味で、俺らのライヴもだいぶ変わったと思います。」
Ryo
「自分たちに足りないものが見えたし。彼らも本気でバンドをやっているし、負けていられないなと。」
──そして、今作なのですが、デジタルシングルという形態ですね。
Ryosuke
「7月に出すフルアルバムのプロモーションという位置付けでのリリースだったので、今回はデジタルのみのリリースを選択しました。」
──今作は曲調もすごくシンプルになりましたね。
Ryo
「そうですね。1度聴いただけで歌えるようなメロディーを作りたくて。「Letter」のメロディーは相当練り直しました。今までは自分の中から生まれるものをそのまま採用していたけど、他の売れているアーティストの曲を聴いて、どういう仕組みなのかを研究したらシンプルだったんですよ。そこが前作『Pieces』と違うところですね。」
──他のアーティストと言うと?
Ryo
「Ryosukeが好きなBUMP OF CHICKENとか、他にAEROSMITH、OASISの有名曲も聴いたりしました。」
──「Letter」を聴いた時、BUMP OF CHICKENとか本来の好きな音楽ルーツに遡った印象も受けました。
Ryosuke
「俺の歌にフォーカスを当てる分、本来のルーツに戻ったというのは、ある意味合ってます。」
Ryo
「良くも悪くも最近はRyosukeの我が強くなってきて、ヴォーカリストらしくなってきたのかなと(笑)。俺も曲作りでRyosukeのルーツに寄せたところもあります。今まで俺は洋楽のラウドあたりを重視にやっていたけど、その割合を変えました。J-ROCKにラウドなエッセンスを入れるぐらいに変えて、前よりも聴かせられる曲ができたなと。」
──「Letter」の着想はどこから?
Ryosuke
「サバプロとのツアーが続いている時に歌詞が浮かんできて。最近、泣くことが多くなったんですよ。上手くできなくて泣いたり、悔しくて泣いたり、嬉しくて泣いたりとか、そういう経験が多くて。悲しい時じゃなく、嬉しい時にも感情がピークに達すると涙って出るんだなと。それで思うことがあり、曲ともフィットしたから、この歌詞を乗せようと。」
──「Letter」は人に向けた曲なんですか?
Ryosuke
「自分の感情と向き合った部分が大きくて、誰かに向けてという気持ちはそれほどなかったけど、歌う時はライヴの光景が浮かんでくるんですよ。《君の声を頼りに》という歌詞はお客さんに向けて書きました。基本的には自分がステージで歌っている時をイメージしています。」
Ryo
「内側の感情をちゃんと綴っているから、普通にいい歌詞だなと思いました。曲は思いっ切り明るいものを作ろうと思ったけど、どうしても暗さが出ちゃって(笑)。」
──明る切ない、切な明るい感じはありますよね。
Ryosuke
「そこがNoisyCellだと思うんですよ。作ってる人間が底抜けに明るいわけじゃないから(笑)。」
──2曲目の「300miles」は「Letter」のあとにできた曲ですか?
Ryosuke
「パーツやフレーズはデビューの前から作り溜めてあって、今回はそれらも使って作り込み直していきました。」
Ryo
「当時と今では伝えたい音楽も違うので、パーツだけ活かそうと。アレンジし直した時に、同じフレーズがループする感じをやりたくて、それをメロディーに当てはめたら上手くいったんですよ。歌詞ももともと英語だったけど、それも書き直してもらいました。R&Bっぽくて、車でもずっと流せるような音楽をやりたくて。Craig Davidとかループが多い洋楽の音楽を最近聴いてましたからね。」
──普段の日常でも聴けるような音楽にしたかった?
Ryo
「はい。軽い気持ちで臨んだほうが聴きやすいものができるだろうし、飽きのこないものになるかなと。歌詞は誰かに対するラヴソングにしてほしいとお願いしました。」
Ryosuke
「ラヴソングも書いたことがなかったですからね。」
──“愛”や“好き”という言葉は出てこないですね?
Ryosuke
「そうですね。恥ずかしいじゃないですか(笑)。ほんとは明るい感じで書きたいけど、書けないんですよね。悲しさ、切なさは俺の中で歌詞になりやすくて。」
──では、「COSMOS-2017 ver.」に関しては?
Ryosuke
「インディーズ時代の曲をリメイクしたら面白いんじゃないかと。自分たちの中で大事にしていた曲だし、お客さんにも喜んでもらえるかなと。インディーズの頃はメンバーが揃ってなかったし、やっと4人のバンドになれたから。」
Ryo
「今回はプロデューサーのPABLOさんがいなくて、自分たちの力だけでやってみたかったんですよ。関わってくれた人やファンの人に対して、インディーズ時代と比べて“ここまでやれるんだよ”という成長を見せたくて。今は曲のテーマを大事にしているし、歌が一番大事ですからね。」
──そういう意味では3曲ともシンガロング感が増してますね。
Ryo
「そうなんですよ。みんなが日常でもライヴでも口ずさんでくれる曲が理想ですね。」
取材:荒金良介
配信シングル「Letter」
2017年12月13日配信開始

VAP

HISN-5415
NoisyCell
ノイジーセル:胸を鷲掴みにするエモーショナルなヴォーカル、耳に残る叙情的なメロディー、さまざまなアーティスト遺伝子を継承したハイブリッドサウンド。ラウドシーン発、新世代J-ROCKアーティスト。 2016年8月に新メンバーとしてベースにKiara、ドラムにTatsuyaを迎えた新体制での活動をスタートさせた。

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。