体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

年越しの瞬間を海外で過ごす…♡ 打ち上げ花火が間近で見られるシンガポール女子旅プラン

年越しの瞬間を海外で過ごす…♡ 打ち上げ花火が間近で見られるシンガポール女子旅プラン

こんにちは。みなさん、2017年の年越しをどのように過ごすかお決まりですか?

年越しそばを食べ、テレビをみながらのんびりという方も多いかと思いますが、海外で年越しをするのもいいですよね♩

ということで今回私がおすすめしたい年越しスポットは、シンガポール。 さらにお隣のマレーシアにも行けるプランを紹介します♡

シンガポールでの年越しがおすすめの理由

①日本から比較的近いので航空券が安い!

シンガポールやマレーシアは東京、大阪、名古屋、福岡と各地から直行便が出ており、6時間前後で到着します。またLCCも出ているので、うまく航空券をとれば、かなり安く行くことができます。

年越しの瞬間を海外で過ごす…♡ 打ち上げ花火が間近で見られるシンガポール女子旅プラン

②冬でも暖かい!

場所取りなどで長時間、外で待機していないといけない年越し……。 これが思っているよりも苦痛だったりするのですが、冬のシンガポールは平均気温が25度くらいと適温なので、待つのも苦にならない♩

年越しの瞬間を海外で過ごす…♡ 打ち上げ花火が間近で見られるシンガポール女子旅プラン

③花火を間近で楽しめる♡

人が多い年越しってとても楽しいのですが、 ロンドンの年越しでは花火が綺麗に見える場所は有料の券が必要だったり、 ニューヨークではトイレに行くのも一苦労だったりします。

しかしシンガポールでは上記の2カ国に比べたら人は多すぎず、 そのため間近で花火を見ることができるんです。そして打ち上げられる花火は、豪華でとても綺麗♡

シンガポールとマレーシアってどこにあるの?

年越しの瞬間を海外で過ごす…♡ 打ち上げ花火が間近で見られるシンガポール女子旅プラン

シンガポールとマレーシアは、東南アジアに位置します。シンガポール本土の面積は淡路島ほどしかなく、かなりコンパクトな国です。

年越し旅行スケジュール(関西空港から6泊7日)

年越しの瞬間を海外で過ごす…♡ 打ち上げ花火が間近で見られるシンガポール女子旅プラン

1日目:関西空港発→マレーシア空港着

2日目:①ランカウイ島へ

3日目:ランカウイ島→②クアラルンプール

4日目:クアラルンプール→③シンガポールへ

5日目;④シンガポール観光、夜年越しのベイサンドへ

6日目:年越し

7日目:シンガポール→関西空港着

※シンガポールでの年越しのみの方は、最短3日で行くことができます。

シンガポール旅行にかかった費用

往復航空券……6万円

バス代(マレーシア→シンガポール)……3000円

現地タクシー代……3000円

宿泊代(6泊)……1万2000円

①マレーシアの離島ランカウイ島へ!

年越しの瞬間を海外で過ごす…♡ 打ち上げ花火が間近で見られるシンガポール女子旅プラン

マレーシアの首都クアラルンプールから飛行機で1時間、 真っ白な砂浜と透き通る青い海が素晴らしい、のんびりできる島です♡ 他のリゾート地と比べても観光客が多くないのがいいんです♡

1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy