体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大企業でも「40歳」が社長になる日がくる ――AKBは新時代のリーダーシップを先取りしていた

f:id:k_kushida:20171207105958j:plain

『40歳が社長になる日』(幻冬舎)という刺激的なタイトルの書籍が大きな話題になっている。本書で書かれているのは、ベンチャー企業や中堅・中小企業についての話ではない。日本を代表する大企業でも、40歳が社長になる日が来る、と説くのだ。著者の岡島悦子氏による将来仮説によれば、その実現は2025年。となると、現在32、33歳くらいのビジネスパーソンが、40歳にして社長になっている可能性があるという。

どうして40歳の社長なのか。著書『40歳が社長になる日』には、それが詳しく書かれているわけだが、岡島氏は端的に3つの理由を挙げる。「リーダーの役割が変わってきた」「リーダーの選び方が変わってきた」「キャリアづくりが変わってきた」。

40歳社長が生まれる理由。そして、どんな人が40歳で社長になるのか。岡島氏にそれぞれ3回にわたって聞く。

株式会社プロノバ 代表取締役社長 岡島悦子さん

三菱商事、ハーバードMBA、マッキンゼー、グロービスを経て、2007年プロノバ設立。アステラス製薬、丸井グループ、セプテーニ・ホールディングス、リンクアンドモチベーション、ランサーズの社外取締役。グロービス経営大学院教授。経営共創基盤やグロービス・キャピタル・パートナーズ等、多数の企業の顧問・アドバイザー、政府委員会メンバー、NPO理事等、様々な役職を歴任。ダボス会議運営の世界経済フォーラムから「Young Global Leaders 2007」に選出される。著書に『抜擢される人の人脈力』等がある。

求められるリーダーシップが変化してきている

『40歳が社長になる日』の著者、岡島氏は三菱商事からキャリアをスタートさせ、ハーバードビジネススクールを経て、マッキンゼーで戦略コンサルタントを務めた。その後、グロービスで経営人材紹介会社の社長を務めた後、独立。

これまで15年以上にわたって、社長のリーダーシップ開発支援をしてきた。今では年間200人以上の経営者のリーダーシップ開発、経営チームの強化や後継者育成計画などに携わっている。岡島氏は本を書いた理由についてこう語る。

「まず何よりも伝えなければいけないと感じていたのは、企業経営の舵取りが難しくなる中、経営トップの役割の重要性が急速に高まっているということです。そして求められるリーダーシップが、大きく変化してきていることです」

優れたリーダーと聞くと、カリスマ性があり、チームをぐいぐい引っ張っていく。そんなリーダーを思い浮かべる人が多いかもしれない。しかし、誰かがカリスマ的なリーダーシップを発揮して、大きな旗印のもとに命令型で多くのメンバーを連れていく、というやり方では、もううまくいかなくなってきている、と岡島氏はいう。

「今、間違いなく言えることは、未来は極めて不確実だということです。ほんの少し前までは、次の時代はBRICsが成長のキーワードだ、などと言われていたのが、まるでウソのようです。多くの人が共通認識として持つ方向性のようなもの、過去の成功法則をそのまま現代に当てはめればうまくいく、といった認識はすっかり消えてしまいました」

未来予測ができない時代がもたらしているのは、求められるリーダーシップの変化だという。

「数十年単位のビジョンなど、とても現実的ではないからです。なぜなら、顧客ニーズは高速変化していくからです」

顧客インサイトをいかにつかむことができるか

企業がビジョンを打ち立てたとしても、時代はどんどん変わっていってしまう。そこで求められてくるのは、ビジョンを企業が一方的に作り上げるのではなく、顧客と一緒に作り上げることだと語る。

「ここでキーワードになるのが、共創という言葉です。これからのリーダーは、顧客共創という形でビジョンを作っていかないといけないんです」

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。