体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おむすびの向こう側には、思わず見とれる丁寧な塩づくりの世界があった。

おむすびの向こう側には、思わず見とれる丁寧な塩づくりの世界があった。

こんにちは。クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」でローカルフードを担当している菅本香菜です。副業では、旅するおむすび屋「むすんでひらいて」として活動しています。

今回は、山口県長門市でお塩づくりをされている『百姓庵』へ、おむすびツアーへ行ったお話です。 

「お塩で感動する」という
初めての体験

おむすびの向こう側には、思わず見とれる丁寧な塩づくりの世界があった。

山口県長門市にある、向津具(むかつく)半島。

ちょっと変わった名前の半島、名前とは裏腹に穏やかな時間が流れる場所で『百姓庵』を営む井上さんご夫妻はお塩づくりをされています。

 一年前、百姓庵のお塩を初めていただいたとき、しょっぱいだけでない奥深い旨味を感じて、お塩で感動するという初めての体験をしました。

どうしてもそのお塩の裏側に出会いたくて百姓庵を訪れてからというもの、お塩ができるまでの風景や、そこで働くみなさんの想いに惹かれて、私は百姓庵のお塩を愛用しています。

 ”百姓庵の魅力をみなさんにも体感して欲しい”という想いで企画した、今回のおむすびツアー。

このツアーは、おむすびに使われている食材の裏側について生産者さんから学び、みんなで食卓を囲んでおむすびを結ぶ、というものです。

思わず見とれてしまう
塩づくり

私たち「むすんでひらいて」が実施したクラウドファンディングで『おむすびツアーに参加する権利』というリターンを選択して、支援してくださったみなさんと一緒に百姓庵に行って来ました。いつも通り、温かく迎えてくれた井上さんご家族。

百姓庵のスタッフのみなさんも総出でおもてなししてくださいました。まずは、おむすびに欠かせないお米の準備。

「生活はなるべく手づくり」というモットーをもつ百姓庵は、お米も手づくりされています。百姓庵で育てた新米を、かまどで炊飯。

いい具合に火入れをするのは、最初はとっても難しいのだとか。かまどの蓋から白い湯気が吹き出してきたときは、小さな歓声が上がりました。

 

お米を蒸らしている間に、塩づくりの現場を見学。お塩づくりをされている井上ご夫妻のご主人、雄然さんにその工程を教えていただきました。

向津具半島に面する油谷湾から海水をくみ、立体式塩田で海水を循環させながら、太陽と風の力を利用して海水の塩分濃度を濃くしていきます。

約2週間かけて海水を濃縮したら、釜で炊いていきます。釜で火にかけてからも、まだまだ塩になるまでには時間はかかります。

まずは、約4日間かけて予備炊き。じっくり海水を煮詰めます。おむすびの向こう側には、思わず見とれる丁寧な塩づくりの世界があった。

塩分濃度が20%ほどになったら、いよいよ本炊き。約10時間かけて海水をほとんど蒸発させていくと、塩の結晶が現れます。私たちが訪問したのは、ちょうど本炊きのタイミングでした。

雄然さんがゆっくりと釜の中で結晶になった塩をかき寄せると、キラキラ輝く塩の結晶が現れます。

その光景は、ずっと見ていたくなるほど綺麗でした。

海のミネラルを
凝縮させた「塩」

おむすびの向こう側には、思わず見とれる丁寧な塩づくりの世界があった。

海水が結晶化したら、杉樽に移します。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。