体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【NY現地ルポ】ニューヨークの風物詩「サンタコン」ってなに?

ニューヨーク現地ルポ】雪の中の2017年サンタコン
(C) Sara Aoyama

今年もやってきました、サンタコン。 12月第2土曜日は、ニューヨーク中にサンタが溢れます。

地下鉄にも、ストリートにも、タイムズスクエアにもサンタ、サンタ、サンタ。

2017年のサンタコンは雪の中

ニューヨーク現地ルポ】雪の中の2017年サンタコン
当日ニューヨークは朝から夜中まで1日雪
(C) Sara Aoyama

2017年12月9日(土曜日)は雪に恵まれ(?)、よりサンタイベントにふさわしい天候でした。スタートは10時からで、場所は421 8th Ave(32ndと33rd streetの間)にある郵便局Farley Post Office。偶然近所を通った筆者は、赤い軍団を発見。「ああ、そういえば今日はサンタコン」とニューヨークの風物詩を思い出しました。

いったいサンタコンってなに?

ニューヨーク現地ルポ】雪の中の2017年サンタコン
ニューヨークのアイコン エンパイアステート・ビルディングを背景に歩くサンタ達
(C) Sara Aoyama

サンタコンって実際、いったい何なのでしょう?

サンタコンについて

サンタコンってなに?
サンタコンとは、サンタの格好をした男女が集まるサンタ大会

なぜサンタコンをやるの?
だって、面白いじゃない

どこでやるの?
あらゆる場所で。後ろを振り向いてみて。もしサンタがいなかったら、ウェブサイトのロケーションで要チェック。

参加には費用がかかるの?
参加は無料

サンタコンの始まり
サンタコンの始まりは、1994年にサンフランシスコから

意訳 青山沙羅
出典 Santacon. About SantaCon 

もう23年も続くイベントなのですね。現在では全米各州、カナダ、ロンドンやパリを始めとするヨーロッパ、北京など世界各地52か国396都市で開催。東京は2017年で9回目。開催場所や集合地は、サンタコンの公式フェイスブックで知らされます。

サンタコンにはルールがある

ニューヨーク現地ルポ】雪の中の2017年サンタコン
1日中マンハッタン中を徘徊するサンタたち
(C) Sara Aoyama

サンタコンのルール

1.サンタコンに参加するためには、サンタの正装(上から下まで)をすること。赤いサンタ帽を被るだけではNG。サンタクロースのみならず、トナカイ、クリスマスツリー、エルフ(森の妖精)など、クリスマスに関するものならOK。テーマカラーは赤が望ましい(主催が“Party City”という仮装コスチュームがメインのパーティグッズ販売会社ゆえの販売促進)。

2.宗教に関わらず、ただ単純に楽しめ!

3.サンタは子供を怖がらせたり、泣かせたりしないこと

4.サンタは公共の場所で酔っ払わないこと

5.サンタはセキュリティ(警備員)や警察と揉め事を起こさないこと。歓迎されなかったら、速やかにそこから移動すること。

6.サンタは「ホーホーホー(Ho,Ho,Ho)」としか言わないこと。特にメディア関係者に何かコメントした場合、「サンタの公式意見」として報道されるため。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。