体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年版 大掃除の教科書〜水回り編〜

2017年版 大掃除の教科書〜水回り編〜

バスルーム、洗面台、トイレ。家族みんなが毎日使う水回りこそ、抜かりなく掃除して清潔にしたいですよね!年末年始を気持ちよく過ごすためにも大掃除で綺麗に仕上げましょう!

水回りを綺麗にしよう!

蛇口や浴室の壁や鏡など、水回りの汚れは水あか、せっけんカスなどのアルカリ性のものがほとんど。それらを落とすためには酸性洗剤の出番!そしてもう一つ、水回りにはカビという厄介な雑菌も潜んでいます。
© PIXTA

特に浴室はカビの温床というべき場所で、日々の掃除を怠ると大量発生する羽目に。赤カビならこすって落とせても、黒カビは薬剤で漂白するしかないので注意しましょう。
 

浴室=鏡(アルカリ性汚れ)

© PIXTA

ふと気が付けば、ウロコ状に広がる浴室の鏡の汚れ。水あかにせっけんカスなどがこびりついたものがその原因です。年単位の汚れでなければクエン酸を使って落とせます。大ごとになる前にしっかり除去しましょう!
 

1.クエン酸パックで汚れを緩め、浮かせる。


水あかがあちこちに付いた浴室の鏡は、濃度1%のクエン酸水を染み込ませたキッチンペーパーを貼り付けて10分間パックする。
 

2.水で洗い流したら、クロスで乾拭き。


パックを取り、スポンジで磨いたら、シャワーで洗い流す。仕上げは、乾いたマイクロファイバークロスで水分を完全に拭き取る。
 

POINT.頑固なウロコ状の水あかはサンドペーパーで削り取る。

クエン酸パックでも落ちない頑固なウロコ状水アカは、目の細かいサンドペーパーを濡らし、ヘラをあてながら削り取り除去を。ただし、鏡に細かい傷が付く可能性があるので気を付けて。

 

浴室=床、壁(アルカリ性汚れ+酸性汚れ+カビ)

© PIXTA

水あかやせっけんカスに加え、皮脂汚れもある浴室。その床や壁の汚れを落とすには、クレンザーが有効。ここでは重曹を使ってこすり洗いしましょう。カビが発生しやすい場所でもあるため、汚れをしっかり除去!
 

1.水で濡らして重曹の粉をまく。


浴室の床全体を水でさっと濡らして、重曹の粉をまんべんなくまく。このときの重曹は研磨剤代わりなので溶けていない状態がいい。
 

2.床をブラシでこすり洗いする。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy