体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬こそアイスの美味しい季節! セブン-イレブンの新作アイスお披露目会をレポート

一段と冷え込みが厳しくなってきた今日この頃。暖房の効いた、あったかい部屋で食べるアイスは格別ですよね!そう、いまやアイスは冬に食べるのが旬なんです。夏はさっぱりとした氷菓が、冬は濃厚なアイスが特に人気。そんなプチご褒美にぴったりなセブン-イレブンの新作アイスの発表会が、先日行われたのでレポートをお届けします。

発表会を盛り上げてくれたのは、アイス好きを公言してやまないアナウンサーの川田裕美さんとコンビニアイス評論家のアイスマン福留さん。情熱たっぷりに新作アイスのプレゼンを行ってくれました。


 
アイスマン福留さんイチオシのアイスはこちら。クリーミーコーン(キャラメル&マカデミア)(税込350円)。コーン形状のアイスクリームは、ハーゲンダッツでは日本初! 特徴は、キャラメルでコーティングされたアイス。このおかげで湿気にくくいつでもサクサクコーンの食感が楽しめるんです。また、マカデミアナッツを混ぜ込んだバタースカッチアイスは、風味豊かなバターの香りとマカデミアナッツの食感が絶妙にマッチ! 

こちらは川田裕美さん絶賛の、セブンプレミアム マカロンアイスサンド(税込各248円)。表面のさくっとした食感を残しつつも内部はしっとりさせたマカロン生地は、このアイスのために作られた専用のもの。ちなみにキャラメルとピスタチオのフレーバーは、東京と千葉エリア限定での販売。地域によって販売しているものに違いがあるので、旅行や帰省したときにセブン-イレブンに寄って限定品をゲットしてみて。
 


 
東京と千葉以外のエリアでは、フランボワーズとチョコレートのフレーバーがラインナップ。アイス部分はフランボワーズはミルクバニラクリーム、チョコレートはチョコアイスとなっています。実は、こちらは昨年、上記のエリアで大ヒットしたアイス。フランボワーズとチョコレートという、マカロンの鉄板フレーバーは美味しくないはずありません! 


 
お正月シーズンにもぴったりな、濃厚生チョコ 宇治抹茶(税込238円)。高品質な京都産の抹茶を、アイスと抹茶生チョコソースに使用し香り豊かに仕上げました。アイスを生チョコで包む「包あん」技術は、ロッテ独自のものなんです。

続いても和風テイストのアイスが登場です。12月25日週に発売される、セブンプレミアム ワッフルコーン 「桔梗屋監修」桔梗信玄餅味(税込246円)。黒蜜×きなこという最強コンビでお馴染みの、桔梗信玄餅がワッフルコーンとコラボレーション! きなこアイスをベースに、黒蜜ソースとおもちソースのダブルソースが贅沢な一品です。


 
ウィンターシーズンには欠かせない、マロンスイーツもアイスで堪能しましょう。セブンプレミアム モンブランモナカ(税込213円)は、森永製菓のチョコモナカジャンボの製造技術を活用したパリパリ食感がポイント! さらに、マロンペーストにはイタリア栗を使用した本格仕様なんです。バニラアイスとの相性も抜群でやみつきになること請け合いです。こちらは埼玉で先行販売された後、12月19日より全国発売となります。すぐにでも食べたーいという人は、埼玉まで足を伸ばしてみるのもアリかも。

冬はこたつでぬくぬくアイスを楽しむのが、なによりの幸せ。遠くの人気店もいいけれど、身近なコンビニにも心を満たしてくれるスイーツが揃っているのでチェックしてみてね。

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。