体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

作者も作品名もない展覧会「なんだろう展」を紹介!

作者も作品名もない展覧会「なんだろう展」を紹介!
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。12月13日(水)のオンエアは、クリス智子に代わって、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)がナビゲート! そして平塚市美術館で開催中の「所蔵品による“なんだろう”展」を取り上げました。

この展覧会は,、平塚市美術館のコレクションの中でも、普段は展示されていないような「おもわせぶりな」作品や「意味深な」作品を中心に展示しているそうで、作品そのものに向き合ってもらいたいとの意図から、作家名や作品名が分からないように展示しているそうです。

平塚市美術館の学芸員で、この展覧会を企画した勝山滋さんは「あくまでお客さんが主役の展覧会です。作品に正解はなく…自分で考えて、『なんだろう?』ってそれぞれが感じたことを鉛筆で紙に書き、備え付けのボードにペタペタ貼ってもらいたいですね。他の人が書いた紙を読んで『この絵はこんな解釈もできるのか』と感じることも楽しみの一つだと思います」と、展覧会の魅力について語りました。

ハマは「作品名や作者が分かることが当たり前のような感覚ですけど、それが一切ないということなので…。なんなら『なんてタイトルなんだろう?』ってとこから考え始めるわけですもんね。何年に描かれたり作られたりしたかも分からないので、面白いですよね。この展覧会では常に自分で考え続けるので、新鮮な体験なんだろうなって思います」と、この展示に興味津々。

続けて、作品で感じたことを紙に書いてパネルに貼るコーナーについて、「年齢によっても見方が違うんだろうなあ。大人が感じたことや、小さい子が感じたことって、普段の作品展では絶対に見えない意見や考えですもんね」と、新しい展覧会の楽しみや可能性を感じていました。

今回展示されている30点近くの作品は、昭和から平成にかけて制作されたもので、現代的な作品が多く、絵画を中心に、ブロンズやシリコンのオブジェ、大きな木の扉など、「なんだろ?」と想像をかき立てるようなものばかりだそうです。

平塚市美術館の「所蔵品による“なんだろう”展」は2018年2月25日(日)まで開催しています。みなさんも頭の中で「なんだろう?」と考えながら、それぞれの作品を楽しんでみてはいかがでしょうか?

さて、14日(木)は、雑誌「anan」の編集長を迎え「毎週好奇心をくすぐる雑誌はどう生まれているのか?」について伺うほか、今注目の塩顔男子、モデルで俳優の清原翔について迫ります! どうぞお聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。