体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熱々の「汁なしチーズ入り麻婆カレー麺」

12月13日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、名曲が生まれた街・高田馬場を散策した中で、「源来酒家」(東京都千代田区)が紹介された。同店は地下鉄半蔵門線神保町駅から徒歩2分ほどにある中国料理のお店だ。

お店の店主イチオシのメニューとして紹介されたのは「汁なしチーズ入り麻婆カレー麺」(1,100円)だ。運ばれてくると表面をガスバーナーで炙り、香ばしい香りを楽しむ事が出来る。まずは豆腐とチーズからいただいた藤吉久美子さんは「あ、ありですね。辛い!」と驚き、続いて麺もいただくと「カレーはね、マイルド。あっ、でもすごく、香辛料の色んな味が・・・本格的なカレーですね」とコメント。すると店主が「ガラムマサラと生クリームをアクセントで入れてあります」と答え、それを聞いた藤吉さんは「麻婆の辛さはもちろん唐辛子の辛さなのに、そこにカレーの辛さが横からバーンてきて、合体したこの麺にこれが、結構主張のあるしっかりした麺だから、上手にそれをこう、絡めてくれて、ちゃんとこう麺を食べた時にカレーが感じられるんですよ。で、辛さは、この麻婆の辛さも生きて後からくる、みたいな」と、その味に思わず熱の籠もった解説をしていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:源来酒家 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:神保町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:神保町×中華のお店一覧
3種の酵母を使い分けるこだわりのパン屋
和洋中料理が一度に味わえる「モーニングビュッフェ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy