体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3種の酵母を使い分けるこだわりのパン屋

12月13日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、夫婦で頑張っている町で人気のパン屋を特集で、「パン・オ・スリール」(東京都渋谷区)が紹介された。

東京メトロ副都心線渋谷駅から徒歩4分ほどにある同店は、白い生地の中に自家製の白あんとドライフルーツを入れた「白あんぱん」(230円)など個性派パンがずらりと揃うパン屋。北海道産小麦を使い、パンによって3種の酵母を使い分けている。

「ブリオッシュクリーム」(280円)は玉子とバターを使ったブリオッシュの生地にカスタードクリームを添えたもの。尾花貴絵さんは「ブリオッシュの生地なんですって、初めてなんで楽しみです。あっ、面白い。ブリオッシュの生地の香りがすごくいいのと口どけのいいクリームが甘すぎず、なんだか大人のクリームパンって感じです」とコメント。

サンドイッチにサラダ・スープ・飲み物・デザートが付いた「ランチセット・ベジサンド」(1,200円)や、食パンやカンパーニュなどの5種類のパンにミニサラダと飲み物が付いた「モーニングトーストセット」(580円)も紹介された。

「塩豆パン」(180円)を味わった尾花貴絵さんは「具もそんなに入っているわけじゃないしシンプルなんですけど、噛めば噛むほど小麦の甘みがしっかり感じられるんですよね。香りがいいですね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:パン オ スリール(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:渋谷のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:渋谷×カフェ・スイーツのお店一覧
3種の酵母を使い分けるこだわりのパン屋
和洋中料理が一度に味わえる「モーニングビュッフェ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。