体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「暗いな〜」とぼやいたら、勝手に明かりを調節してくれる!

「暗いな〜」とぼやいたら、勝手に明かりを調節してくれる!

程度の差はあれど、生活をする上で手間のかかることを改善してくれる、テクノロジーを利用した「家電」。これから紹介する製品は、ほんの少しだけ面倒なことを省いてくれます。

でも、毎日使うものだからこそ、小さな変化でも「便利だ」と思うんだろうな〜。

自分の声で
オン/オフをコントロール

「暗いな〜」とぼやいたら、勝手に明かりを調節してくれる!「暗いな〜」とぼやいたら、勝手に明かりを調節してくれる!

Kleverness」は、部屋の電気のスイッチや調光器、プラグを、“音声操作”で一括コントロールできるスマート家電です。セットは簡単で、専用の製品に取り換えるだけだそう。(ただし、 日本で設置するときには、「電気工事士」の資格が必要。)

例えば、映画などを見始めたときに、「少し電気を暗くして」と言えば、好みの明るさに調節できます。「暗いな〜」とぼやいたら、勝手に明かりを調節してくれる!「暗いな〜」とぼやいたら、勝手に明かりを調節してくれる!

ちなみに、スマホからも操作ができるし、モーションセンサーが搭載されているので手でもコントロール可能なんだとか。

自動的に明かりをつけてくれるライトはあるけど、オフするためにはタイマー設定が主流だから、声で調節できるのは、少しラクになるかもしれません。他のエアコンやヒーターなどの家電への応用も期待してしまいます。Licensed material used with permission by Kleverness(HP),(Kickstarter)

関連記事リンク(外部サイト)

ベッドに入る時に、明かりを調節してくれるライト
スマホ中心生活から抜け出せる「スマートライト」
あなたの「Google音声検索」は、すべて録音され、管理されている。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy