体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「マツコの知らない世界」で紹介された、ダイヤより希少な宝石3選

「マツコの知らない世界」で紹介された、ダイヤより希少な宝石3選
12月12日の「マツコの知らない世界」は、驚愕の事実満載の宝石の世界。

日本で100億円以上の宝石を売ったインド人宝石商、カピルさんによる宝石業界の裏話や最新宝石事情が紹介されました。

今回は、誰もが憧れるダイヤモンド!・・・よりも実は希少で価値が高いという、希少な宝石をご紹介。

人気なのはやっぱりダイヤモンド!

「マツコの知らない世界」で紹介された、ダイヤより希少な宝石3選
人気宝石ランキング

1位 ダイヤモンド
2位 真珠
3位 ルビー
4位 サファイア
5位 エメラルド

出典:マユヤマジュエラー きらきらジュエリー川柳大賞投稿者アンケート

ダイヤより希少な宝石が実はある、といってもそれは通な人の間での話。世間一般では、やはり広くダイヤモンドが人気です。そう、ダイヤモンドは永遠の輝きなのです。

「マツコの知らない世界」で紹介された、ダイヤより希少な宝石3選
しかしながら。ダイヤモンドはもはやどこでもとれる宝石になっているそう。カピルさんによると、世界で採掘される宝石の大部分はダイヤモンドなのだとか。さらに2012年、ロシアで、「世界が欲しがる約3000年分のダイヤモンドが眠っている」ことが公表されたというニュースもありました。

時代は「カラーストーン<色石>」!

「マツコの知らない世界」で紹介された、ダイヤより希少な宝石3選
そしてダイヤを超える本当のレアな宝石が、「カラーストーン(色石)」。本当の宝石好きたちに愛され、現在値上がりが止まらないそうです。宝石にもよりますが、この10年間で2200%値段があがったものもあるといいます。

【ダイヤより希少な宝石その1】タンザナイト

「マツコの知らない世界」で紹介された、ダイヤより希少な宝石3選
ダイヤモンドの1000倍希少だとも言われる「タンザナイト」。語源はタンザニアの夜というだけあって、青紫の美しい色が目を惹きます。色が濃いほど価値があがるそうで、タンザニアのメレラニ鉱山でしか採掘されていないそうです。23カラットで500〜600万。加工すると1000万円近くに。このタンザナイトの発見や名前の由来についてはこちらのサイトでかなり面白い話が紹介されていました。

「マツコの知らない世界」で紹介された、ダイヤより希少な宝石3選

【ダイヤより希少な宝石その2】パライバトルマリン

「マツコの知らない世界」で紹介された、ダイヤより希少な宝石3選
ターコイズブルーの海のような美しさ。青と緑を兼ね備えた究極の宝石、色石の王様です。1980年代ブラジル・パライバ州で採掘、年々産出量が減っていることもあり、幻の色石とも呼ばれます。27カラットで1700万円、4.434カラットの指輪が1300万円ほど。

「マツコの知らない世界」で紹介された、ダイヤより希少な宝石3選

【ダイヤより希少な宝石その3】アレキサンドライト

「マツコの知らない世界」で紹介された、ダイヤより希少な宝石3選
めったに1カラットのものに出会えない、超一流宝石商の証と言われるアレキサンドライト。光によって色が違って見える変色効果も心踊らせてくれます。3カラット2000万、1カラットで1000万円超えてもおかしくない石だそう。

「マツコの知らない世界」で紹介された、ダイヤより希少な宝石3選

【ダイヤより希少な宝石 おまけ】マスグラバイト

テレビ初公開!? カピルさんが7年かけて見つけたという、本当にレアな宝石「マスグラバイト」も紹介されていました。世界でも数十ピースしか存在しないそうです。1.5カラットで700万円也。

そのほか、ピンクダイヤモンドやレッドダイヤモンドなども希少だそう。日本の宝石加工技術は世界トップレベルで、世界各地でメイドインジャパンの宝飾品は大人気なのだそうです。そんなところでも、日本製品は評価されているんですね。

[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。