体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

専用アプリで動画編集もできる万能スタビライザー「X-CAM」

クラウドファンディング「Indiegogo」に出展されているスタビライザー「X-CAM」。スタビライザーというと大掛かりな撮影機材というイメージもあるかもしれないが、この製品はスマートフォンと連動するもので、決してかさばる器具ではない。

より本格的な写真をスマホで撮るための便利グッズ、と表現すればいいか。

セルフィーもパノラマ撮影も、このX-CAMが最高の1枚をもたらしてくれる。

・対象物の自動追尾も

撮影機器としてのスタビライザーとは、歩行しながらの動画撮影の際に生じる縦揺れを軽減させるための装置だ。

X-CAMはそのような基本的機能はもちろんながら、スマホの縦横を認識する機能も備えられている。たとえばスマホを横に寝かせて撮影する際、X-CAMを持った手がどのように動こうともスマホは寝た状態を保ったままである。

さらにX-CAMは、自動追尾機能付きのカメラスタンドとしても使用することができる。対象物もしくは対象人物の顔を認識し、それを追いかけて撮影してくれるのだ。PR動画では、目前を横切るドローンを自動追尾している。

360度回転するマウントがあるということは、全周囲パノラマ撮影もできるということだ。X-CAMがあれば、スマホに他の特殊な機器を装着する必要がない。また、専用アプリでは動画編集機能も用意し、他のSNSにすぐさま配信できる設計になっている。

・配送は来月

これだけの機能を備えたガジェットが、Indiegogoでは54ドル(約6100円)という低価格で出展されている。ただしこの価格は、あくまでも数量限定であることに注意されたい。

配送は来年1月。すでに製品の量産体制に入っているようだ。日本への配送も可能で、嬉しいことに手数料は加算されない。

Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy